« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

大きいサイズ

 今でこそ2L、3Lという様なサイズがありますが、グローブ、昔はせいぜいXL止まりでしたねぇ。と、突然グローブ話ですが、親指の指先に穴が開いてしまうという雑談から。メーカーによっては今でもXLが最大ってところも多いですし、またXLでも他所のL位しかないだろう…ってのもありますから、グローブは好き嫌いせずに色々試してみても良いですね。

 自分はスピーディー(プロテクション皆無的なものですが、当時のGPライダー御用達)から始まって、クシタニ、以降ほとんど(特売で買った他所のをのぞくと)がRSタイチを愛用しています。XXL、XXXLがあるなんて、素晴らしいじゃあないですか~、と、手の大きい自分は思ってしまいますね。長年苦労してただけに。

 そんなタイチも昔はXLまででしたが、他所と違い外縫いにこだわっていたので使えたんですね。同じサイズでも内縫いの皮の継ぎ目が内側にあるものはキツイし、指にあたって痛いし、引っかかるしと、散々でしたし、一年も持たずに穴あいちゃいましたしね。それでも最初にあまりにきついから、ミンクオイルを過剰に塗って手にずっとはめたりして伸ばしたんですけれどね。

 もちろんタイチもサイズ的には親指が突っ張っていたのでそのうち穴が開きましたが、それでも使用感がとても良かったので、NIXEデザインのは3つ(前期・後期モデル含めて)も買ってしまったほどです。同じのをってのは、手首を締めるストラップのないちょっと前のGPXも含めて2回しかない。これは手首締めるのが街乗りでは面倒…という理由だけでしたけど。よっぽど嬉しかったんでしょうね、自分。

 結局20年以上愛用してるのは、サイズだけでなく、使用感も悪くないからですね。どうしてタイチだったか?ローソンのスピーディー、スティルマーティンの様に、好きだったロン・ハスラムの白いつなぎにタイチマークがついてたから…まあ、単純な理由です。でもそのおかげで良いもの使えました。しかしどうしてハスラムはタイチ使ってたんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

初・高速

 ちなみに、山の方へ行った帰りには時間の余裕が無くて(渋滞にはまってたので)高速を使ってみました。車はETC付きなので、普通の料金所を通るのは随分と久しぶりですね。ボンネビルではほとんど高速使いませんでしたしね。意外とETC車が多く、料金の受け渡しがユックリ出来たので良かった。まあ、基本バイクでは高速使わないんで、ETC付ける気は全くない自分には嬉しいことです。

 それにしても高速でも3000回転ほど使えば法定速度で快適に走れるので、ドコドコ感ありまくりで退屈しないで済みそうです。BMW乗ってた時は長距離でもとても楽でしたが、楽過ぎて眠くなる…という感じでしたから、アクセルを開け閉めするだけでも楽しめるのは良いですね。逆にスムーズが好きな人には、不快な振動なのかもしれませんけどね。

 風はやっぱりネイキッドと変わらないですね。メーターケースを守るためのバイザーという感じで、人間に対してはほとんど仕事してくれません。ただ、ハンドルバーを握る手があまり風圧を強く感じなかったのですが、これはウインカーが良い仕事してるってことなんでしょうかね?グッツィのルマンは小さいカウルでも結構効いてましたから、もうちょっと頑張ってほしいですね。

 グッツィの直進力(フロント16インチでも)の後のボンネビルは意外と直進安定性は高くないんだな…と感じましたが、NCに変えたらもっと強く感じました。フラフラするってわけじゃないんですけど、矢の様に直進する、というオンザレールを懐かしく思うこともあります。振り返ったり、横向いてるとすぐ曲がっちゃう…って、それが普通なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

とりあえず調整

 忘れてましたが、今回は走りだす前にハンドルとペダルの位置の調整をしてから出かけました。ハンドルはタンクに手が挟まらないギリギリまで後ろを下げて。これでレバー類は位置を上げなくても普段自分が使うレバー位置になりました。国産車はハンドルスイッチ固定用穴なんかが開いてた気もするので、その辺をいじらなくて済んだのはラッキー!

 これでも乗りづらいですが、前よりはずっと良いですね。これ以上はスワローハンドルみたいなのが必要かな?まあこの設定で来年のライパに行ってみて、それから考えれば良いですね。あんまり最初からいろいろいじらない方が良いし。この位回すとミラーは結構下向きになってしまうので、意外と動かした量は大きいのかな?

 そしてペダル。ストロークの長いシフトペダルを、足首の固い自分に合わせて少し下へ。ああ、これは楽だ。足首の上側が痛くならないで済みそうです。この位なら接地しないでしょうし。だいたいちょっと低めだったブレーキペダルの位置に合わせて下げてみました。ブレーキはスポンジーで踏み込み量が結構大きめなのでそのまま。

 シートはボルト外すのが面倒でパス!それよりは乗る時間を稼ごう、ということで。今回も革パンツ(クシタニのカントリージーンズですが)でしたしね。あ、あと伸びて遊びが大きくなり過ぎていたスロットルケーブルの調整も。ちょっとフレームが邪魔で工具が入りづらくて苦労しましたが、遊びがあるの苦手なので、ここだけはきちんと弛みをとって。うん、ここの調整は大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

そして

 さて、そして意外といいところも多くない()。トルクはともかくパワーは足りないし、あちこちダメじゃないけど良いわけでもないというところが多かったりしますし。というわけで、過不足ない普段着のバイクという本田の狙いはちゃんと形になっている気がします。低コストという大事なところはバッチリですしね。

 

 コンセプトを理解して、バイクの設定を理解すれば、このバイクはかなり良い(ベストではないけど)と言える人が多いのももっともなことですね。ダメという人のことももちろんわかりますが、ちゃんと買う前に理解してたのかしらん?と不思議に思ってしまいます。自分、試乗無しでも納得して買いましたし、その分については十分満足してます。

 ダメという人の声が大きいのに対して、ベストじゃないけどとても良いバイクと言う人はとくに大声で言わないですからね、そういう点ではマイナスのイメージが先行という、事前情報収集時の感想の多さはとてもよく理解できますね。「(自分は納得して気に入って乗ってるけど)他人に勧めるとしたらどうかな…」という気持ち(で特になにも言わないというの)もとてもよく理解できますし。

 VT250のカブとか言われることもありますが、NC600のカブだと思えば間違いないんじゃないかな。外観のイメージ先行だと失敗しそうな気がします。もちろんカブだって燃費や耐久性だけじゃなくて、楽しいし趣味性も意外と高く、乗る人が乗れば速いんですよ(ニヤリ)、という感じではダメです?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

意外と

 意外とネガに感じるのはその程度ですかね。燃料残量計やタコメーターが見にくいというのは慣れの問題かもしれないので、今回は外しときます。ずっとアナログメーターじゃないと乗れない!と思ってましたが、実際乗ってみると意外とデジタルメーター気にならない?タコメーターの表示の仕方と大きさがダメだと感じる位ですが、これは飛ばすバイクじゃないし、バイクのせいではないですね。

 

 燃料計ももうちょっと減った時にわかりやすい表示になるといいんですけどね。燃費が良すぎてその存在を忘れてしまう…。あ、あと距離計がダメだったんだ。トータルとトリップの2行表示が絶対に欲しいところです。燃料計の問題でチカチカしてる…と気がついた時に、いちいち切り替えないといけないというのが。

 このくらいの距離だからそろそろ給油…と総走行距離は並行して見たい派なんですよね。時計がついてるのは便利です。今までずっと時計がかったので、今もついつい右手を見てしまうんですよね。安っぽいというメーターですが、自分はあんまり気にならないかな。まあでも改良されるとなおよろしですね。

 VT250FGが好きな自分ですから、ずっとVT600Fがあればなぁ…と夢見ていました。ちょっと形は違いますが、ほぼそのままのものが手に入ったことになります。重心が高い方が乗りやすいとか、タイヤが細い方がとか、細かいところは気になりますが、本田に戻るのには理想的なタイミングだったのではないかと。750が気にならないのも、多分そのせいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

さて

 さて、500キロも走ると色々とバイクのことがわかってきますが、とりあえずネガの方から。15070のタイヤ、と前回書きましたが、そっちの方がこういうキャラには合ってるのでは…というのは気の迷いとして、ハンドルバーが自分的にはダメですね。

 

 多分個人的に乗り方が変で合ってないだけだと思うのですが、どうも力が入りやすい形で疲れます。もう少し幅が狭くて、ほんのちょっと向こうにあってタンクに干渉せずに手前に曲げられて、垂れ角も付けられると乗りやすそうなんですけどね。まあ、普通の人は自分とは逆に、フラットにしたり広げたりしてるようなので、多分乗り方が悪いのでしょう。

 

 そしてシート。これはほんとにもう、足つき性のためだけに前下がりにしてるんじゃないでしょうね?革パンツをはくとだいぶ滑らなくなりますが、後ろに乗り続けるために非常に苦労して疲れます。シートが薄いこともあって、とても長時間乗る気にならない、低燃費と相反した設定で残念な感じです。

 確かに身長180センチの(で足の短い)自分でもⅩ用のオーリンズを入れると両足のかかとがきちんとは接地しませんし、信号でとまるとつま先を付くようにしてますが、もっとツンツンでも乗ってる時が快適な方が良いなぁ。まあでも外車の酷いローシートを見ると、そう思うのもまた、自分くらいなんでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

500キロ!

 ようやく500キロ!この7年、年間平均1,000キロの人間ですから、一カ月でよく走ったものです。というか、時間さえ許せば、この倍は走りたかったところですが、さすがに妻子持ちですし、そもそも普段から家族最優先としている自分ですから、このくらいで我慢しとかないとね。

 

というわけで300キロを超えてエンジンもだいぶ軽く回るようになり、今回は加速時に4000回転リミット、巡行は3500回転前後という感じ(加速時に500回転の視認はこのメーターでは無理…)で北茨城の山の方へ。まあね、紅葉のお客様がこんなに多いとは思わなかったのです。それでもなにもない(わけでもないけど)道を選んでスイスイと。

 

 4000まで回ると山道でも楽ちんですね。もちろんフル加速できないストレスは溜まるわけですが、ドコドコと加速してくれるエンジンはその過程も楽しめるので、気持ちを切り替えて。むしろ曲がりすぎてしまうことへの対処の方がいささか問題。え~こんなに曲がるんでしたっけね?太いタイヤのバイクって。

 

 とはいえそのタイヤの太さもネックのうちで、15070のグッツィ(マグホイール)はわりと普通に乗れたのに、16060BMWでは苦労してたのを思いだしちゃいましたよ(でも同じタイヤのグッツィ・1100は普通に乗れたんだけどね)。もっとも、ハンドリング自体はR850Rのテレレバーがこなれていない時代のアレとは比べ物にならない普通に曲がるものですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

 ちょっと暮れに向けた仕事の内職が忙しくて放置してましたが、連休にもちょっとだけ乗りました。とりあえずもうちょっと大きなスクリーンが最初に欲しい感じですね。その次がフレームスライダーで、まあマフラーも(暮れのバーゲンの)様子見ながらといったところですかね。ヨシムラか、アクラポヴィッチも良さそうなんですが、やっぱり車検対応が良いよねぇ。

 で、連休は一日仕事でしたが、幸いにして日曜は晴れだったので、もう少し距離をのばしてきました。とりあえず300キロチョイに。だいぶエンジンは軽い感じになってきた気がします。フロントサスも、動かないのに慣れてきた感じ。リアよりもフロントをよく動かしてやるのが好き(というかツインはそういう設定のバイクが多い?)だけど、まあ良いかな。

 発進はだいたい1,500回転位でクラッチつないでますね、街中では。しっかりと下がねばるので、この位でもノッキングの兆候はみえないです。大排気量ツインらしくない気軽さで良いですね。あいかわらず3,000回転位ですが、不自由しない程度には走れます、山道でも。2,000回転から3,000回転のわずか1,000回転しか使っていませんが、これでも結構走れちゃうのが驚きですねぇ。

 今週の日曜日もちょっと乗って、なんとか500キロにしてとりあえずベースの慣らしは終わらせたいところ。そこからは高速なんかも使いながら、迷惑にならない様に回転を常に上下させながら巡航したり、下道でも負荷をかけ過ぎないように回転を上げながら、積極的にシフトが必要な走りを。お天気次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

 まあそんなわけで、フロントフォークが固めなので、自分の乗り方ではちょっと乗りづらい感じ。フロントがフラフラしてしまう(リアサス長めが影響してるかも)のもあって、どうもフロントが落ち着かない。結構強めにブレーキを引きずる感じに乗らないといけないのかな?現状ではターンインがちょっと不安ですが、慣らしが終わるころには柔らかくなってると良いな。まあでも、あまり動かなくてもショックは吸収してくれるサスは悪くはないですね。

 太いタイヤも久しぶりなので、あのゴロッとした寝る感じにも慣れないとね。細いボンネビルだと、スパッと寝せるのが簡単だったのですよね。ただ、切り返しなんかはビデオで見てた印象と違って、案外簡単にスパッと切り返せますね。もっと低重心で、ゴロ~ンとした印象だったんですけどね。

 とりあえず120キロほど走った程度、3000回転縛りではそんなもんですかね。やはりボンネビルよりはブレーキはよく効くし、ライン取りを変えないといけないほど曲がるし(ただ、現状ではちょっと不安感が大きい)、加速だって下なら勝ってる感じ。このままフラットに伸びて、盛り上がらないで頭打ちという設定なのでしょうね、ネット上の情報を見てると。

 バイクとしてはとても真っ当な感じですね。とくに日常使いで非常に使いやすそうな設定は、たまにしか乗らない自分にも好感が持てます。安っぽい、というか安いのは値段なりですから問題ないですし、80年代の大型バイクの部品だってこんな感じのものが…。変にクオリティをあげすぎたバイクを、手を届くものにしようという試みは悪くない、と個人的には思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

MT-07キタ―

 あ、きましたね。でも、やっぱりデザインが自分的にはちょっとダメだ。下のトルクが細いことが多かったヤマハのスポーツツインエンジン、今回は厚いトルクがあるんでしょうか?なんとなく回転型の様な気がしますけどね。

 個人的には下のトルクが太くて、上もスムーズに回るという旧グッツィのエンジンが好きなのですが、どちらを取るかといえば、やはり絶対的に使用頻度の高い下のトルクですね。そういう意味ではやはり自分に向いてるのはNCの方でしょうね。

 自分のNC、上がどの程度なのかはまだ3000回転縛りなのでわかりませんが、聞く話によると上は伸びないということですが、慣らしでどの程度回るエンジンに出来るかしらん。上限は決まっていても、やはり使い方、乗り方によってエンジンって結構(わずかな違いではありますが、バイクは大きく感じる気がする)変わってきたりしますしね。

 ちょっと前はわかりませんでしたが、今はかなりNC気に入っているんで、意外と出てきても気にならなかったというのは自分としても驚きの部分でした。でも全く歯が立たないどころか、一クラス以上上の走りなのは確かでしょうね(お値段も高いでしょうけど…)。

 そして噂のNC750も来たので、700用のパーツ安くならんかしらん…とちょっと期待してたり。特にマフラーね。でも、見た感じなにも変わってないので、アフターパーツ的には望み薄か。細かい部品の品質向上が主なのでしょうね。燃費も上がってるって、出力的には期待できない(ほとんど変わらない)ということなのでしょうかね?まあ自分は納得して700にしたので、これも気にならないですけどね(ちっとも悔しくないのが不思議な位)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

131027_124801 コーナリング。思ってたより普通。でも、多分リアサスがX用オーリンズで長いのが影響しています。別冊の記事の内容見ても。結構ライダーの技量に依存している、というか、バイクなりに乗ってる人にはアンダー傾向になりそうなイメージかな。スクーター的にリアが寝て、フロントがちょっと起き上った様な?ということは全然なくて、ぶっといパイプを使ってるだけに、普通に走ってる分には普通?

 どちらかというと低重心、というかエンジンの位置の低さがハンドリングの性格を決めている様な雰囲気?素人的にはその辺の正確なところは良くわかりませんが、ちゃんと曲げようとすると、結構小さく曲がりますね。ライダーの腕がアンダーだとアンダー傾向というのは、けっして悪いことだけじゃなくて、無理・無茶しないという点では安全なのかもしれません。

 ブレーキの設定もそうですが、比較的広い層を想定したつくりになってる様な感じなのでしょうかね。ちょっと山道もフラットに近い部分だけ、3000回転縛りで乗ってみましたが、結構乗れますね。急加速も無しでノンビリとでしたが、よけても後のバイクが抜いてくれなくてちょっと困っちゃったりも。「3000回転で慣らし中」って背中に紙貼っとかないとダメですかね。というか、慣らしの前半で山道行くなってことですね…。

 ただ、やっぱりコーナーではポジションが窮屈な感じではあります。あとはフロントタイヤがちょっと不安。やっぱりボンネビルはフロントタイヤの安定感が結構楽できて良かったんですね。フロントタイヤのエア圧がちょっと高めに感じましたが、もしかするとフロントフォークが固すぎるのかも。フロント柔らかい、ってネットでいくつも見ましたが、どんな走りをするとこれで足りないことになってしまうんでしょうね?不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

 シートといえばステップ。位置関係としてはそんなに悪くはないのですが、ちょっと長距離では足の曲がりがキツイかな。シートをハイシートにすると若干良くなるのでしょうかね?ペダルの角度もシートとの兼ね合いなので、とりあえずシートの調整が一番先にやってみたいことですね。腰も痛くなるしね。せっかくの燃費の良さでもツアラーとしては…。

 ハンドルは思ったよりも高くない。高くないんだけれど、もうちょっと垂れ角が欲しいなぁ。タンクに干渉するのでほんのちょっとだけしか後ろに回転させられない様ですが、出来るだけ後ろを下げてみよう。フロントフォークの中心からハンドルが伸びてる、というのが好きなので、もうほんの一センチハンドルを前にだして、幅を5センチほどつめて、垂れ角を付けたハンドルがあると良いんですけどね。

 ああそうそう、ハンドルといえば、結構ハンドルバーの振動がキツイですね。ドロドロとしたエンジンの感じに反して、結構硬質で細かい振動がくる様な気がします。ちょっとシビレますかね、距離走ると。それでも結構重めのバーエンドウエイトが乗ってるみたいですから、手頃なモディファイとしては、グリップを太めのものに変えるというのも試してみても良いのかもしれませんね。

 ところで自分は最初からオーリンズのリアサスなので、ノーマルサスの走りを知らないのですよ。ということで、ちょっと走りに関してはどう書こうかなぁ~と悩んでましたが、まあオーリンズ入りの、ということで見てもらえば良いかな?という感じで。ちなみにサスはX用ですので、センタースタンドは長いX用。サイドスタンドは短くて結構傾きますが、X用だと長すぎて直立し過ぎる気がするので、とりあえず使ってみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »