« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

フレーム、あるじゃん(妄想)

http://only-my.way-nifty.com/blog/2013/12/post-9abe.html

 ちょっと脱線の時に書きましたが、ホンダ、素のアメリカンも出す気でしょうかね?NM4を見ると、必要ないものを徹底的にカットしたアメリカンって出来るじゃん?って思っちゃいますね。欲をだしてモノ入れ…なんてことをせずに、ETCと書類しか入らないでいいんですよね。

 シートに座ると手が地面に触れる…位低いのが理想ですが、走行性能を考えると、女の子でも低いとこに座る感じの現状がいいとこでしょうね。あれでいらないカウルを全て外して、飾り気の無いシンプルなアメリカンを。売れたら後からLTDということで、メッキ多用、スポークホイール出せば買い替え需要も期待できそうですし、パーツも売れそうです。

 レブルの250、あんな感じで、軽くて適度にパワーがあって、なおかつ女性、年配者でも軽く扱えるアメリカンの需要って、意外と多いと思うのですよね。レブル750で良いじゃないですか。そんな入門編のアメリカンが、真似っこアメリカンより必要とされてるんじゃないかと思いますよ。コンプレックスを抱かなくていい、和製アメリカン。

 LtdじゃないものがNC750と同じ価格帯でつくれれば…なんですが、流用できるフレームが全熊本製だと難しいですね。新しいラインをつくったら、やっぱり高くなっちゃうでしょうし、難しいもんですね。BOLTを食えるだけのもの、ホンダアメリカ・ヨーロッパのデザイン部門に期待しちゃう(え?日本は?あれ?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

オーリンズはほぼそのまま

 調整がイニシャルプリロードと伸び側減衰だけですから、書くことも特になくて放置してました。基本的にイニシャルプリロードは初期設定(シングルサスは調整面倒そうだし)のまま。抜くとしたら一段分くらい、バンク角の問題もありますし、初期設定のまま慣らしをしても特に不満を感じなかったから、というのがその理由です。

 180センチ、80キロ位という自分は大きくて重いですから、そういう意味では設定は楽ですね。海外の標準より小さくて軽い人は大変そうです。伸び側に関しては、ちょっと強すぎる…と思っていたのですが、慣らし時点ではあまり動かさないで初期設定を乗り込むというのをいつも課題にしてるので(自分が楽な設定にしがちだけど、設定した人は…と考えてみる)、今回初めてアじゃスターを。

 まずは傾向を見るために5クリック戻し。ああ、これは動きすぎてダメですね。リーンウィズでチョコチョコ動かしたいならこの位でも良いかなぁ?でも高速コーナーで落ち着きが無くなるので、3クリック戻し。ああ、これで良いじゃん、適当です。でもだいたいこんなもんでOK。特定のサーキット走るわけでないし、自分が動かしやすい範囲で一番強いとこ、って感じですね。

 あとは不満が出た時にかけて、戻して、として様子をみると。動かすにしても、1クリックの範囲でしかないので、サーキットなら1クリックかけても良いかな?位のイメージですかね。ノーマルサスで乗っていないので、ノーマルと比較できないのが残念ですが、結局変えるなら納車整備の時にやってもらった方が世話が無いですし、しょうがないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

ちなみに

Img_095111_2  前回と同じ写真ですが、ハンドルバーをダミータンクに当たる ギリギリまで手前に回すと、写真の角度となります。とりあえずこれ以上はダミータンクがあって、お金をかけずには出来ないので、現状はこれで慣れていくことにします。というか、だいぶ慣れてきた気がします。

Img_095011  普通の人はもっとフラットなスタンダードの位置の方が違和感が少ない様ですが、垂れ垂れのハンドルにながらく乗っていたので・・・。でも意外とこの位ハンドル回しただけでも結構印象が変わってくるから不思議ですね。まあタンクに手が挟まるギリギリなので、非常時には?いえいえ、垂れ垂れも、ボンネビルも、いつもタンクギリギリでしたから大丈夫、なはず。

 この辺はノーマルで慣れようかとも思いましたが、やっぱり自分は無理みたい。まあ不自然じゃない程度ならOKでしょう。グッツィの時は神宮司さんに変!と怒られましたし・・・反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

失敗失敗

Img_095111 一応、真後ろから見た写真も。こんな感じになります。マフラーバンドを取り付けたステーに付けるかたちのスライダー(名前は知らない)を付けるべきかなぁ。どの位効果があるのかはよく分かりませんが、立ちゴケとかで傷だらけにならないのなら、買う価値はあるのかもしれませんね。

Img_095811 このボルトのところに付けるやつ。そしてそのマフラーバンドの取り付けがまさに自分の間違ったところ。ステーの外側に付くのですが、バンドの外シールを外にしたはずなのに、なぜか内側に付けてしまったという。マフラーに付けてからシールをはがしたはずですが、途中で一度外してしまったのでしょうかね。

Img_095611  それにしても説明書をきちんと読んでいれば、間違わなかったところですし、何事もいいかげんはダメ、ということです。反省。それにしてもキャストホイールは掃除が簡単で、超嬉しい!ですね。スポークホイールを磨くのは、自分には向いていないようです。

Img_096111_2  ということで、とりあえずワイバンのソニックのカーボンは無事付きました。誰にでも簡単に作業ができそうです(ちゃんとした道具があれば)。こうして見ると、やはり焼き色付けたチタンより、カーボンの方がやはり落ち着いていて好みかもしれません。 実車に付いてるの見たことないのでアレですが、後悔がなくて良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

最初の感想

Img_095011_2  カッコイイですね 。見た目的にはこれで満足です。取り付けを間違って、アールズギアさんに電話したりしましたが、無事付けられました。説明書をよく読んでからやらないといけないですね(汗)。

Img_095411  重さは半分になる程度らしいですが、外したマフラーは倍以上重く感じられました。走った感じも軽いです。低中速重視というだけあって、1500回転からの使い勝手が良くなっています。そうそう、これが欲しかった、というやつですね。力強くなったというより、重しをおろした、というイメージ。

Img_095211  公式HPの写真は赤のSでしたが、白のSにもいいですよ。音は結構大きく感じます。まあ、元がアレですから、どんなのでも大きく感じるんでしょうが。回すと、または大きくアクセルを開くと、なかなか威勢がいい感じです。ただ、音質としては(ヘルメットをかぶった状態では)低音が強調された、柔らかめの音なんじゃないかと。この辺は好みですが、個人的には好きな感じです。

 ハンドリングは正直よくわからない。若干振り回しやすくなった気もしますが、プラシーボ効果かも…。それにしても、まだまだ乗り慣れていなくて嫌になっちゃいます。ちょっとラフロードっぽいところだと、高いシートに体が慣れてなくてビビったり。だめですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

センタースタンドストッパー

Img_091111_2  アールズギアのセンタースタンドストッパー。4,725円で、スタンダードのゴムを利用してスタンドを受け止めるタイプです。他社にボルトで受け止めるタイプのもありますが、スタンドが削れて錆そうですもんね…。 ヨシムラ等のストッパーの無い商品にも使える様です。

Img_092611_2  ちなみに一枚目がノーマルマフラー+センタースタンドストッパー。この位の位置関係ですね。そしてこの写真がソニック+センタースタンドストッパー。比較用に。

Img_096111  あまり意味はないですが、ソニックでセンタースタンドを上げた状態。

Img_090711_2  取り付け自体はそんなに難しいこともなく、ネジを一本外して、プレートをボルト止めするだけ。ただ、ノーマルマフラーについてるゴムを外して、これに付け替えるところだけがちょっとめんどくさいかな。細い六角レンチ等をうまく使えば簡単に出来ると思うのですが、力技を使うと千切れてしまい、新しいのを注文することになるので注意ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

ワイバン、ソニック、スリップオン

Img_096011   付けました。付けただけで走ってなかったリしますが、来週は花粉の中に出て行こう。やはりこのマフラー、自分的には見た目最高です。 音も比較的ジェントルですし、ご近所に気を使わなくて良さそう。

Img_091911  ちなみに外したマフラーですが、やはり熱が高いところということもあって、錆は避けられないですね。

Img_092011  雨の日は走らない、水で洗車もしなくても、やはりこういうところは錆がどんどん進みます。

Img_092211  まあ当然受け側も。気になる人はチタンフルエキにすれば…って、18万位でしたっけ?パワーも上がるみたいですが、さすがにNCに付ける人は少ないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

課題も

 真剣には走れなかったとはいえ、久々に4時間ほどバイク乗ってたので、シートが楽になったのは確認できました。無理矢理にでも出来るだけ高くしておいて正解でした。とはいえ、普通の人はリアがオーリンズで高くなってたりしないので、もっと低くても大丈夫そうですけどね。

 シート前方にずり落ちにくくなったことで、お尻の痛みも減ったし、なによりハンドルがフリーにしやすくなりました。コーナーでお尻を落とす様な時にも、自然な感じで移動できますし。前は後ろに押し付ける様に意識してたので、それを意識しなくて良くなった分、やっぱり気持ち的に余裕もできますしね。

 そして今回高速で伏せてみて気が付いたのですが、ウインドスクリーンを高いのにすると、どうやらヘルメットに当たってしまって伏せられなくなるようです…。あやうく注文してしまうところでしたが、安いマフラーがあって良かった。9センチ高くなると、ちょっと上に逃がす様な形になっていても、リアシートに乗らないと伏せられない様な気がします。

 困りましたね。低いのなら変えなくてもいいか…って感じだし。そして伏せてリアシートまで腰を下げると、今度はシフトチェンジが結構難しい。ちょっと角度が変わっただけの様な気がしますが、ペダルが引っ掛かる様な感じになってしまい、スムーズにシフトアップできないですね。まさか逆チェンジにするわけにもいかないし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

さて、どんなかな

http://www.rsgear.co.jp/moto_h016.html#images/_nc700/nc700_graph.jpg

 ワイバンの性能曲線らしいですが、ソニックもそんなに変わらない?というか、ノーマルのトルク曲線があまりにもデコボコで面白いですね。これで見ると、1600回転位からが使用できる領域、という感じですね。2700回転からはトルクがフラットになってしまうということから、やはり3000回転回すと街中では回し過ぎ、というのは間違いでもないのかな。

 まあ、前にそう言ったのは振動が増えてくるからですが、トルクが頭打ち(あとでもう一度盛り上がるけど)なのが影響してるんでしょうかね、このフィーリングに。回転馬力は下から上までスムーズに盛り上がることなくだんだん出てくる感じで、4,600超えると若干盛り上がる感じで、6,200回転位で頭打ちになってるんですね。

 こういうパワー曲線だから非常に扱いやすいんですね。アクセル開度を裏切らないパワーデリバリーですので、思い切って開けていけます。そして6,200回転位の落ち込みがいつもシフトチェンジする時の目安となるフィーリングを演出してるんですね。リミッターが効くところで元の回転に戻る様にもう一度盛り上がってますから、やはりこれはシフトアップの目安のためにこういうセッティングにしてる、ってことなんでしょうね。

 その辺はインジェクションなら自由度が高いですもんね。時間があえば明日(というか今日)のうちに付けられればと。走ってから交換して走るってのが一番違いがわかりやすいですが、熱いのをさまして…ってのはめんどくさいので(おい!)、多分そのまま付けちゃう感じ。その後ちょっとでも走れると良いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

ソニック

P313045211   はいは~い、到着しました。ワイバンのソニック、なんですかね。

P313045511  重要です。初めてリプレイス車検対応マフラー買ったので、後でちゃんと読んでおこうっと。

P313045711  カーボン綺麗ですね。ワイバンの翼龍もカッコイイです。まあ、あんまり目立ちはしないですね。この位で自分にはちょうど良いかも。

P313046411  溶接はこんな感じ。耐熱シリコンワックスって必要かなぁ…。今度見てこよう。

P313046511  日曜に付けられるかなあ?販売店が軍手をサービスで付けてくれてた。やけどしない様にって。熱くしないと外れないとかあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

振動

 日曜日はそんな感じでコーナーはちゃんと走れませんでしたが、久しぶりに渋滞に巻き込まれてみたり、普通の走行が出来ました。やはりクラッチが重いですね。もうちょっと軽いと嬉しいんですけど。750は更に重くなったとか聞きましたが、手の小さい子は大変でしょうね。ボンネビル位軽いといいんですけど。

 とはいえ、グッツィの半分位の力でいいはずなので、軟弱なのに慣れてしまったということでしょうか。しばらく乗れないと、グッツィの場合は半日も乗れなかったこともありましたし。力が入らず握ることが出来なくなる、なんて普通の人は経験しないでしょうね…。まあ、アレはアレで軽減することもできたみたいですけどね。

 そしてエンジン。慣れてきたのか、前回のオイル添加剤が効いてるのか、低回転域であまり鼓動感を感じられなくなりました。多分慣れただけだと思うけど、上の回転の嫌な微振動も結構減った気がするので、後者が原因かな。マフラー入れることでちょうど良い感じになるのを期待しています。

 というわけで、寒かったので帰り高速2区間乗っちゃいました。ETC無しなので、面倒なんですけど、寒さと渋滞には勝てなかった…。まあせっかくなので上の回転まできちんと回しながら乗ってみたところ、ということです。上の回転の振動はかなり気になってたので、ちょっとでも気にならなくなるなら、様子見て新しいのも買ってかないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

雪か・・・

 さて日曜日は家族が映画を観に行ってしまったので山の方へ。まあわかっていたこととはいえ、やはり道の両側は雪が積まれていて、道は水が流れている状態。もう一つの方は凍結、チェーン装着、なんて看板が立てられているしで、山道はあきらめてぐるっと高萩を回って帰ってきました。

 今回は上下ともにサーキット用の皮を着ていきましたが、コーナーで動けるかどうかの確認だったはずなのに、ジャージ生地とパンチ穴で寒い思いをしただけに終わりました。まあウエストのホックが弾けるというのがわかったのは収穫ですかね。やはり脊椎パッドを入れるときついなぁ…。

 ライディングパーティーのある夏までにはなんとか体重を上手く落としておかないと。5キロ痩せれば余裕なんですけど、運動しないですしねぇ。8キロ痩せればタイチのツナギも着られるはずなんですけど、なかなか難しいかなぁ…。とりあえず5キロ、なんとしても5キロですね。マフラー頼んじゃって、とても新しいの買えませんし。

 そのマフラーは12日発送予定というメールが来てましたので、上手くいけば今週末には換装出来るかも。あとはお天気次第というところ。ガスケット交換不要と書いてあったので、メンドクサイことはないと思うのですが、さて、不器用な自分にも綺麗につけることが出来るんでしょうかね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

スリップオンマフラー

 ←楽天アフィリエイト。ここで購入。センタースタンドストッパー同時購入は同梱希望と記入とのこと。

 やってしまった…。ついポチッと。アールズギアのソニック、スリップオン、カーボンタイプです。これでスクリーンとか、ヘルメットとか、その他諸々は吹っ飛んじゃいましたが、初めてカーボンマフラー買うってのが嬉しいからいいや。

Sh1603_001  今時カーボンかよ、という感じですが、チタンの焼き色付いた奴とさんざん悩んだ結果、こちらのものとなりました。5千円ほどの差でしたから、どちらでもよかったのですが、チタンは今時の走り屋風で…という気もしたので。落ち着いたイメージのカーボンで。この20数年のバイクの社外マフラーに設定が無かった、カーボンリプレイスマフラーですしね。

Sh1603_002  しばらく本やなにかを切り詰めないと嫁さんに怒られますね。このマフラーの角度が、なんというか、自分にはとても綺麗に見えるんですよ。長さや太さもとてもよく似合って感じる、という見た目でのべた惚れでありますね。

 もちろんアールズギア自体はあのユニコーンヘルメットの樋渡さんのショップですから、設立した当初から凄く興味津々でした。取り扱いのあるはずもないバイクばかりだったので縁が無かったのですが、ようやく。性能も低中速重視ということで、自分の好み的にもバッチリのはず。う~ん、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

これなら欲しい

http://www.rolandsands.com/wp/2013/06/20/rsd-yamaha-Bolt

 ツイッターでYSPの人がつぶやいていたバイクだけど、こんなのがヤマハ製だったらNC700Sじゃなくてこれを買ってたかもしれない。まったくもってサーキット向きでないけれど、それを言えばボンネビルだって一緒だしね。W800はちょっと違うんだよね、方向性が。

 正直モダンクラシック系というスタイルが多分自分には一番合ってると思う。どんなハイパワー車借りても、赤いとこまでは回しとこうとか思っちゃうし。ボンネビルだって10年以上乗るつもりだったってのは何回も言ってたことだけど、国産でこういうのがあれば、迷うけれどもこっちの方向へ行ってたんじゃないかな?もうすぐ50だし、やはり体や神経は若いままではないからね。

 ちょっと借りて乗る分にはスーパースポーツでも良いんだけど、速いだけでツマラナイというのも事実だし。パワーでフロント浮かしたり、リアスライドさせたりって、実際は危険な領域に両足突っ込んでる状態だし、馬が足りないからいつでもフル加速、バンク角が足りないからライン取りと一次旋回でどうやって乗っていくかみたいな感じの方がずっと自分は楽しい。

 性能が高いバイクは刺激が嬉しいけれど、最初からそういうのを追い求めてると、飽きるのも早い気がする。なにより危険な領域が近すぎて、五体満足でいられるのが運が良いという感じのヤバイ性能が手軽に手に入るし。そして確実にみんな下手になってるよね、実際。やたらとグリップするタイヤに乗っかって(しかしきちんと荷重がかけられてなくて不安定だったり)コーナーをやり過ごしてアホみたいな加速でコーナーはるか手前でアクセル戻す、そんなの繰り返してればしょうがないんだろうけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »