« NC700Sで山道 | トップページ | GIVIスクリーン ② »

2014年5月 6日 (火)

GIVIスクリーン

 ちょっと乗ってみました。70キロ位までの感じでは、胸の中心より下までをカバーする様な感じですかね。あ、自分胴長の180センチです。伏せるとスクリーンの中にもぐりこめるので、これならサーキットでも使えますね。やはり中心が長いタイプはプロテクション効果は高くても、そういう使い方は自分には無理かな。

P100097011  まあ、こんな感じです。かなりべったり伏せた状態でこんな感じですね。これでちゃんと前が見える状態。バイザー内蔵型のヘルメットだと、この状態では前が見えないでしょうね。プロシェードを付けて、シェード部分を上げていても、接触することはありませんでした。もっとハンドルの垂れ角を付けたいですね。

P100097611  とはいえ、一番前の方に座ると、こんな感じでヘルメットとスクリーンが干渉してしまいます。一番後ろに腰を引き上げてから伏せないと、ガツンとぶつかっちゃうこともありそうです。横着しないで、後ろに腰を引かないとね。後上がりのシートはジーンズだとちょっとずり落ちたりしますけど、皮なら大丈夫です。

 ちなみに、ステップは前の方で、膝の曲がりがやや少なめ(ステップが下の方)なので、距離乗っても疲れづらいのは、スポーツツアラー的な性格では正解。個人的にはもうちょっと前でもOKかな。見た目も、風景の中で見るとそんなに気にならないかな。意外とカッコイイかも?とか思うこともあったりして。

|

« NC700Sで山道 | トップページ | GIVIスクリーン ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GIVIスクリーン:

« NC700Sで山道 | トップページ | GIVIスクリーン ② »