« スクリーン | トップページ | GIVIスクリーン »

2014年5月 2日 (金)

NC700Sで山道

 やっぱり運動性はボンネビルの比じゃないですね。久しぶりなのでノンビリ走ろうと、山道を片手運転で走ってきましたが(どちらかというとリスクの少ない、進入スピードよりも加速重視の乗り方になるってのもポイント)、小手先でチョイといじってやればきちんと反応するってのが、ちょっと新鮮だったりして。

 ボンネビルはそういうの難しかったですからね。逆に進入の一発勝負みたいなところが楽しかったりするわけです。どちらも楽しい。とはいえ、ついついこねくり回したくなるのはマイナスポイント。楽な方、手抜きの方に陥らない様に注意しなければいけませんね。しかし、トラクションがきちんとかかって、加速旋回出来るのって楽だなぁ~。

 まあそれ以上に、やはり低回転から力強く、ドコドコいってるのは街中で流れに乗ってる時でも楽しいんで大事です。もちろん燃費は悪化しますが、ついついアクセルを開け閉めしたりして。回さなくても楽しい、フルに回してもコントロールを失う感が少ない(というか、全く無い)、運動性は高過ぎないけど必要十分と、いつでもどこでも楽しく遊べるバイクで嬉しいです。

 もちろんサーキットなんかに持ち込めば、ボンネビルの様に動くシケイン化は避けられませんが、そこでの性能は年に一回しか使わないですしね。少なくともボンネビルよりは速いみたいなので、ちゃんと乗りこなせれば、黄色ゼッケンでも問題ないかな。え、申し込みはもちろん緑ゼッケン第一希望ですが、なにか?

|

« スクリーン | トップページ | GIVIスクリーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NC700Sで山道:

« スクリーン | トップページ | GIVIスクリーン »