« 気になるリーンウィズ | トップページ | ステップワーク、まあ本来の意味的に »

2014年5月30日 (金)

ステップワーク?

 良く言葉に出てきますが、良くわからないものの一つですね。普通に真っ直ぐ走ってる状態でも、バイクはニーグリップすると安定して、両足を広げると不安定(クイックに動く状態)になります。よく道路でスラロームしてた人が昔は大勢いましたね。だらしなく足を開くのは、必要な部分もあったんでしょう。

 ニーグリップする、ステップを踏みこむ、やってみるとこの辺には車体を安定させる効果があるのがよくわかります。ステップを踏むとバンクしない、どころか、立ち上がったりしますが、その挙動はユックリ(安定してる)です。ステップ踏まないとバンクできない様な気がしますが、実際はシートの内側に体重を載せかえるだけで、足の置き場でもある支点という感じですね。

 ものすごく個人的な意見ですが、この、足から膝、ももにかけての車体の安定をつくる、崩すのをまとめてステップワークと呼んでいいんじゃないかと思います。逆にステップ周辺で言えば、ステップベース(かかとやくるぶしの当たる部分)は安定成分をあまり強くせずに内側に押し込める場所ということも言えるかと思います(ステップを車体側に押し込む様な力も)。まあ、これも含めて、ですね。

 フルバンクした時に、ステップを下向きに踏む力が強いとバンクしきれません。なおかつ、体を内側に入れづらく、間が抜けたフォームになりがちです。開いた足の支点として置いとくだけ、のイメージで、内側の足はどこにも力は入れずにバランスを取るだけにさせると尻がシートにしっかり乗っかって、体も自然と内側に入ったりします。腰を落とすSSなら、かかとに尻が乗っかる位のイメージで良いんじゃないかと思いますよ。

|

« 気になるリーンウィズ | トップページ | ステップワーク、まあ本来の意味的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップワーク?:

« 気になるリーンウィズ | トップページ | ステップワーク、まあ本来の意味的に »