« な~~んてね! | トップページ | 自分で試行錯誤することが大事 »

2014年6月 3日 (火)

切り返し

 まあ、ツマラナイ事を長々と書いています。でも、ライディングを向上させていかないと、今時のバイク、ホントに厳しいですし。さて、そんなリーンウィズの切り返しです。基本的にバイクのタイヤは半円状のプロファイルを持っていますから、そのタイヤに乗ってる自分がどう動くかを意識しないといけません。

 右に倒れていて、内側に回り込んでいくタイヤを、今度は反対側に回り込んでいく形にスムーズに移行させなくてはなりません。当然フロントタイヤなんて気にしてる余裕はないので、“フロントは勝手に付いてこい”という感じで、リアタイヤに集中しないとね。スムーズなライディングを心がけて、適当にバンクしてもちゃんとグリップしてくれるフロントタイヤを信じましょう。

 リアタイヤ中心に考えることによって、前に被さる様なライディングで、フロントの荷重がどんどん高まってスリップダウンというのも防ぐことが出来ますし。…多分。間に直立部分が出来ますが、通過すべき部分なので、直立を意識してはいけません。右から左にスムーズに切り返すためには、直立部分までには反対に腰を落とす、今回は尻を動かさないですから、左のお尻のシートに接している骨に全ての体重が移動する様な感じをイメージしましょう。

 右斜め前に向かっていたタイヤを、左斜め前に向くように、リアの接地面を中心にフロント側が大きな弧を描く様なイメージですかね。慣れるまでは、お尻半分移動した方が理解が早いかもですね。車体を揺らさない(不安定な状況をつくるけど、無理な力を入れない)様にどう動けば良いか、車体とライダーによって違いますから、いろいろ試行錯誤してみてください(それがライテクの肥やしになります)。フロントフォークを伸ばさない様に…なんて考えない方が吉ですよ。

|

« な~~んてね! | トップページ | 自分で試行錯誤することが大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り返し:

« な~~んてね! | トップページ | 自分で試行錯誤することが大事 »