« ステップワーク? | トップページ | な~~んてね! »

2014年6月 1日 (日)

ステップワーク、まあ本来の意味的に

 ライディングで難しいのは、バイクごとや体格、バランス感覚や筋力などの影響が凄く強いということですね。色々書いても、人によって違うなんて当たり前だったりします。だからみんな自分で考えないといけないんですよねぇ。めんどくさいと思うか、チャレンジしがいがあると思うか、その辺が分岐点なんでしょうかね。

 ステップワークの土踏まずとつま先ということで言えば、外足が土踏まずなのはマシンをホールドしやすいというのが一番の理由でしょうね。かかとはもちろん、ももやひざだってホールド感が全然違います。内足がつま先なのは、地面に擦らないというのはもちろん、足を開いたり閉じたりする時の自由度が大きく違うってのもあるかもしれません。

 本来の意味的な、ステップの踏み替え(土踏まずからつま先へ)というのも、もちろん大事です。でもこれは土踏まずでも意識すれば出来ないことはないのかな?踏み替えるということは、ステップにしっかり乗った足を、少しでも持ちあげないと出来ません。滑らせるにしても、踏んだままでは無理ですしね。

 その時足が離れるということは、内足で支えていた荷重があってもそれがシートに載るということですね。そして、ハンドル突っ張っていたとしても、そこでシートに体重を載せないと上手く足を動かせなかったリします。おお、どんどんコーナリングに向けて理想的な状況が揃っていきますね。足をステップに戻しても、下へ踏むんじゃなくて、ステッププレートを内側に押すようにステップの根本を内側に押すイメージを持って足を開くと、体重が良い感じにシートに載って、体もインに入りやすくなります。

 まあ、この辺も人とバイク次第ですが、そういう乗り方もあるんだよ~、ということですね。あとはそれぞれ試行錯誤して自分なりの乗り方をつくってくしかありません。というあたりが、本来の意味的なステップワークなんでしょうが、つながってる部分は全体で考えた方が、全体の動きにとって好ましいんじゃないかと思うんですよね、個人的には。

|

« ステップワーク? | トップページ | な~~んてね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップワーク、まあ本来の意味的に:

« ステップワーク? | トップページ | な~~んてね! »