« レバーの調整 | トップページ | シフトチェンジの速さ »

2014年9月29日 (月)

昔の写真を見てみても

Img01711 クラッチレバー、良く見るとグッツィの頃はブレーキと同じ位の高さでしたね。しかもこれはクリップオンの低いハンドルですし、今より相当高い感覚だったんじゃないかなぁ、今の自分から見ても。まあグッツィのクラッチは、それまでよりも高さが高かったというのは他にも理由があるんですけどね。

 実はクラッチ、相当重いんです。握ったまま保持するのが長距離走るとだんだん難しくなる程度に(力が入らなくなってきて)。低いクラッチレバーと高いクラッチレバー、使い比べてみるとわかると思いますが、握りこんだ状態を保持するのが結構高いのは楽なんです。巻き込む様な感じで指の根本の方で保持できるから。

Photo_4 というわけで、これはグッツィ専用なんで今の参考にはならないですね(笑)。ちなみにブレーキ側がこちら。これは今と同じ位ですね、やっぱり。良く見ると、ブレーキのリザーバータンクは相当後傾しています。グッツィの場合は蓋を外すと液がそのままドバッとこぼれる仕様となっていました。ので、もちろん神宮司さんに怒られましたです、ハイ。

 グッツィスポルトジングウシさんにはお世話になったままで(また来ますと言ったのに)、ご迷惑をおかけして申し訳ないです、ハイ。まあ、国産車が一台変える位の部品は注文しましたけどね(汗)。フロントフォーク、マフラー、軽量フライホイール、クロスミッション、電装品、マグホイール…。ああ、やっぱりルマン、とっとけばよかったかな~。

|

« レバーの調整 | トップページ | シフトチェンジの速さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の写真を見てみても:

« レバーの調整 | トップページ | シフトチェンジの速さ »