« シフトチェンジの速さ | トップページ | また消えた! »

2014年10月11日 (土)

シフトチェンジ、の続き?

 前回のビデオ、わかりやすいのは、ガードナーがワンダウン・ファイブアップの市販車パターンというのも大きいかもですね。レーサーはシフトアップの時、路面との間に足を差し込まないでいい、そして動作ロスの少ない踏み込みのシフトアップが基本ですからね。クリスチャン・サロンも市販車パターンだったよね?あんな深いバンクの人なのに。

 というわけで、シフトチェンジで必要なのは速さじゃなくてタイミング。シフトする方向に、ペダルの遊びをとる様な感じに入力しといて、噛み合いが緩んだ時にそのスペースにきちんと抵抗なく入れてやる感じですね。タイミングがきちんと合えば、吸い込まれるようにギアの方が勝手に入っていく感じがわかるはずです。

 シフトアップはアクセルを戻した瞬間に合わせて、シフトダウンはアクセルを吹かした、そのアクセルの手が半分ほど回ったあたりを想定すればいいのかな?まあ、そんな感じのイメージで。クラッチレバーを引くのは、踏み込む、かき上げる、のと同時位のイメージでもいける?慣れるまではもうちょっと早い方が良いのかな。基本的には切る時は端折って、入れた後につなぐ方がメインですし。なにしろこの辺はコーナー進入の忙しい時の動作を別にやらなくていいという強みが出来ますし、それによって進入が楽になります。

 ノークラッチシフトに挑戦しようと思う人は、このガードナーのビデオを擦りきれる(擦りきれないけど)ほど見て、ギアペダルの入力スピードを体に覚え込ませること。ノークラッチのシフトでは、まさにこのスピードこそが正解ですので。特にシフトダウンの感じはホントにクラッチ使ってる?と思うほど。シフトアップでしっかりギアを入れるのは、グッツィ乗りなら当然ですが、ギア抜け経験した人には良くわかる動作でしょう。自分のビデオもありましたが、当時のホンダのエースライダーがスーパーバイクレーサーで、なおかつサーキットスピードでやってるのなら、説得力一兆倍ですもんね~。

|

« シフトチェンジの速さ | トップページ | また消えた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シフトチェンジ、の続き?:

« シフトチェンジの速さ | トップページ | また消えた! »