« 昔の写真を見てみても | トップページ | シフトチェンジ、の続き? »

2014年10月 8日 (水)

シフトチェンジの速さ

 昔のワイン・ガードナーのビデオが…と、ユーチューブで探してみたら、あったあった、ありました。このビデオの1分40秒位から、シフトチェンジの様子が写っています。そうそう、コレ見てから自分も速すぎたシフトチェンジをもっとユックリに直したんでした。まあそれはそれは大変でしたけどね。

http://www.youtube.com/watch?v=BoXm6aeGl_Y

 ブレーキングの最後の段階でシフトダウンする、も一緒ですが、一度身についてしまったものを矯正するってのは、いや実に大変な事でした。頭で思っていても、体が勝手に動いちゃったりして。でもこのシフトチェンジ(シフトペダルを動かす)の遅さは、なんとなくおかしい?と思っていたシフトチェンジのテクニック(昔の本には…)の、ダメな理由がわかりかけていた自分にはとても重要な情報でした。当時流行ったコンビニのビデオでしたっけ、コレ?

 噛み合ってるギアが緩んだ時に、緩んだスペースに確実にタイミングを合わせてギアを吸い込まれるように入れる、当たり前の基本の技術論というのが当時は無かったですしねぇ。これが出来ないとノークラッチシフトでショックが出ます。ということは、これが出来ればショック無しのノークラッチシフトも実現可、ということでもありますね。いや、実に矯正には苦労しましたけどね。

 しかしガードナー、コレ見ると一次旋回は雑というか、あまり重視してないというか、大雑把な気がするのはスーパーバイクに乗ってるからでしょうか?アクセルの操作も、あんなですし、小さい体で豪快なライディングというのが凄いですね。とまあ、シフトチェンジですが、丁寧ゆっくりとはちょっと違う、でも速くないチェンジが肝心というお話でした。

|

« 昔の写真を見てみても | トップページ | シフトチェンジ、の続き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シフトチェンジの速さ:

« 昔の写真を見てみても | トップページ | シフトチェンジ、の続き? »