« 意味はあるのだ | トップページ | 楽天セール »

2014年11月25日 (火)

まあ、ものはためし

 同様に、自分と同じレバーの高さを試した人がいれば、それはそれで色々感じる事があると思います。簡単に調整できるものは(元の位置をマークするのを忘れずに)、ちょっといじって試してみよう!って遊び心が、長く楽しくバイクに乗る秘訣の一つなのかもしれませんね。というわけで、試した人いるかなぁ?ということで、記事を書いてみましょう。

 まずはハンドルに体重がかかってしまう、ハンドルをギュッと握ってしまうという様な人。レバーの高さを、前から見てハンドルの中心線の下位にして、ブレーキ、クラッチともにレバーに人差し指を乗せて走ってみましょう。そう、手首の角度が全然違ってくるので、ハンドルに体重を乗せにくいですね。そしたら今度はシートにしっかりと体重を載せる、柔かく背中の力を抜きながら腹筋・背筋で自由度を持たせたまま上半身を支えるという意識を持ってみましょう。意外と長距離走っても疲れないのは、ハンドルに体重をかけない乗り方なのですよね(慣れるとね)。

 コーナーの進入でハンドルに余計な力が入ってしまう人も。意識して上記の様に乗れると、ブレーキも握りこむから引くへと変わるし、クラッチを放した手も角度が付いていて、ハンドルを押しにくくなっているはずです。あとはイン側の肘を地面にだらんと垂らす様に力を抜いて肘を自然に曲げれば…というところまで行くのはちょっと時間がかかるかもですが。クリップオンの時は、逆に一時的にハンドルを押しやすくなってしまう人もいるかも、ですが。

 ハンドルをフリーにする、アクセルを持つ手の位置を開け始めに最適化する、というのが自分の理由ですが、まあ考えるよりやってみた方が早いですしね。なにしろボルト4本のお手軽調整!体験した上でもとに位置に戻せば、今までとは少し違う乗り方になっている…かも。( 注意! )アクセルを戻しきれないで、加速状態でブレーキングして止まらない!って状況にならない様に十分に注意すること ( 注意!終わり )。あと、クラッチが重い、ハンドルが遠いという女性も、若干乗りやすく感じるかもです。

|

« 意味はあるのだ | トップページ | 楽天セール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まあ、ものはためし:

« 意味はあるのだ | トップページ | 楽天セール »