« もてぎライパ | トップページ | 2015 YAMAHA ニューモデル試乗会 »

2015年2月26日 (木)

BOLT Cスペック

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/bolt-c/special/#top

 このトップページの写真、カッコいいですよねぇ。なんでコレが壁紙で取れないんだろう…。ボルトのCスペックですね。もし今まだボンネビルからNCへの乗り換えで悩んでいたなら、間違いなく候補の一台としてあがってましたね(もちろん、一番大事な予算が足りなくて却下だけどね)。サクラやXVの様なスポーツ寄りのフレームが期待できない現状、ヤマハだったらこれしかないしなぁ。

 ボンネビル位のステップ位置?にNC位の性能だと思えばいいのかな。ほら、自分の要求性能的には十分なものですし。アメリカンということで、大きくハンドルを切るハンドリングも嫌いじゃないというか、サーキットでも神経質じゃなくて扱いやすいと思うのは、クラシック系のバイクばかり乗ってるからですね。リアタイヤが太くて小さいのが難点ですけど。

 ライディングパーティーならこれで十分ですし、SSの様に加速やブレーキ、進入のフロント周りに怯える様な事も無く、楽しく走れそう。おそるおそる走る位なら、フルオープン、フルブレーキで、止まらない、走らないのほうが一万倍楽しいですからね。しかも遅いバイクという周囲の認識があって、遅くても当たり前なだけだし。変なプレッシャーもありません。

 ハンドルの垂れ角が大きいのは、大きくハンドルを切るハンドリング上必要だからです。単純にファッションじゃないってのを理解しましょう。特にワインディングで目いっぱい腰を後ろに引いて乗ろうと思うと、大抵の日本人は体格が足りないですしね。大きく左右に切れるハンドルは邪魔ですから、垂れ角の大きなハンドルでリアタイヤにあわせて勝手に動かすだけにして、リアだけで乗る感覚が大事です。

 ブレーキもリア主体で、フロントだけじゃ止まれませんよ?リアにしっかり荷重して、車体を沈める様なリアからのブレーキング、進入ではリアタイヤを中心に、フロントはアンダーで付いてくるところを、クイック、コンパクトにリアタイヤを一輪車の様にコーナーイン側に向けるように倒してやって、オーバーステア気味に持ってく…ってできるのか、試乗したいところだけど、気軽に乗れる試乗車はこの辺に無いから…無理ですね。

|

« もてぎライパ | トップページ | 2015 YAMAHA ニューモデル試乗会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BOLT Cスペック:

« もてぎライパ | トップページ | 2015 YAMAHA ニューモデル試乗会 »