« アレンネス、セパレートツナギ | トップページ | ヘルメット »

2015年2月 1日 (日)

ヤマハ トリシティ

 モニターに応募しただけで、試乗したことどころか、跨ったことさえない自分が何を書くというのか…というトリシティです。最近結構見かけるようになりました。高価格ということもあってか、わりと年配傾向の男性がほとんどですね。ずっと乗ってなかったけど、リターンするにもフロントが不安で…と思ってた人には、リアが2輪よりもフロントが2輪のほうが安心感があるのかもしれませんね。

 というわけで、見かける人はだいたいゆっくり目で走っている人が多いように感じます。フロントに安心感があるからか、慣れてないのにリアにしっかり荷重できている様に見えるのが、まずひとつ特筆すべきことでしょう。2輪の場合、不安なフロントにどうしても意識も、力みも、荷重も行っちゃうことが多いですしね。

 そして巨大です。実際はそうでもないのかもしれませんが、走ってるのを見ると巨大に感じます。フロントのひざの前のパネルが垂直にそそり立っているのが凄く壁感があるのかな?リアは普通ですが、フロントの存在感はちょっと大きすぎる気がします。海外の3輪も同じようなデザインだったと思いますが、機構的にこの辺はデザインが制限されるんでしょうかね?まあ、押し出し、存在感の強さを求めてるということかもしれませんけど。

 最後はライディングの違い。不安なくコーナーへ入っていくことができるからか、スムーズなライディングが感じられます。そしてコーナリング中でもわりと躊躇なくブレーキかけてくる。2輪と違うライディングになる、というのが二つ目の特筆すべきところでしょうね。これが2輪に移行できない要因になりつつ、平行して2輪に乗ってる人には今までと違うアプローチを試させることになるのかも…という期待を持たせてくれたり、という感じなのですよね。

|

« アレンネス、セパレートツナギ | トップページ | ヘルメット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ トリシティ:

« アレンネス、セパレートツナギ | トップページ | ヘルメット »