« ヤマハ トリシティ | トップページ | そして花粉… »

2015年2月 3日 (火)

ヘルメット

 意外とOGKヘルメットの記事のアクセス数が多くて驚いた。しかし、古くて頭の固いイメージのアライ、先進心的だけど高くてぼったりとしたシェイプのショウエイのツートップを敬遠すると、国内メーカーではOGKということになりますしね。セタとか、DICとか、過去にもトップクラスのヘルメットに近いものを出すメーカーは出ては消えていきますが、OGKは割りきりがいいのか、安定の第三位ってかんじですもんね。

 安全性に関していえば、正直一歩劣ると感じています。しかし、クラッシュがタイミングと運に支配されていることを思えば、どんな凄いのでも打ち所が悪ければアウトですし、どんなペラペラでも打ち所が良ければ余裕でセーフだったりしますから、標準以上の性能があれば、自分が良いと思うものでかまわないんじゃないかと思いますけどね。

 アライのサイドがサイドが弱いというのはよく言われますが、GIGAからGIGA2に変わったころにあった帽体の小型化の影響だと自分は思ってます。もしそうなら、それから月日が経っても改良されていないのは、なに言われてもしょうがないと思いますけどね。ショウエイの2重緩衝材も硬さの差でつぶれかたに差があって、頭に接する部分にエッジ(力が集中する)ができる可能性があるのが心配ってのもあったりして。結局気にしたらなんにも使えなくなりますし。

 というわけで、今自分はアライだけになってますが、それだってシールドが無段階(カチカチ言わない)というのが一番の理由だったりしますしね。過去にラパイドのシールドが3段階?で使いづらく、自分が最初に使ってたnava(30年近く前だ…)のような無段階にしてほしいって要望だした自分には、(自分のせいではないだろうけど)改善して使いやすくしてくれたアライは特別な存在であるのはたしかですしね。

|

« ヤマハ トリシティ | トップページ | そして花粉… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメット:

« ヤマハ トリシティ | トップページ | そして花粉… »