« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

お散歩

Img_20150329_134400 3月も終わっちゃうよ…というところで、ようやく2時間ほど時間が出来たので、山へ行くのは無理…ということで、春のバイク屋巡りへ行ってみました。まずはオートショップオオツキへ。新型のBMWですね。いやぁ、なんかエンジン見ないとどこのメーカーのバイクかわからないイメージですねぇ。

Img_20150329_134722 それにこのフラットエンジン、旧排気の方向が90度変わってしまったので、後ろから見ると…。まあ、BMWは意外とこういうところ気にしないですもんね。足下が広くなったのは良いんですけど、見た目がねぇ。でも、マフラーもこの形なら造るのも交換するのも楽そうですし、良い感じです。水冷でエンジン位置が上げられたからなんでしょうかね。非常に大きなラジエーターが印象的ですが、あの暑いエンジンならしょうがないのでしょうね。

Img_20150329_135124 エンジンは締まった音がします。これも空冷よりクリアランス管理の楽になったエンジンならでは、ということなんでしょうね。しかし、またがった感じが非常にコンパクト。今までのより一回り半小さく感じます。ハンドルも近いし、女子とかには喜ばれるでしょうね。自分にはちょっと…だいぶ小さくて窮屈ですけどね。ドイツ人仕様のハイシートなら印象が変わるんでしょうか?

Img_20150329_142546 そのまま笠間まで足をのばしてプロショップサイトウへ。移転してからのお店に入るのは初めてです。いやぁ~、バイクがぎっちりと詰ってますねぇ。圧巻ですが、見て回るのには向いてないですかね。新型のボルトCスペックが入ってるかな?と思って行ってみましたが、トレーサーはありましたが、Cはありませんでした。スタンダードのボルトの試乗車はあったんですが、ちょっとタイヤが四角だったので、ハンドリングを知りたかった自分はパスで。しかし、じっくりと見ると、このフレームでスポーツはちょっと厳しい?と思ったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

やはりNC700Sは好き

 久しぶりに街中で乗るNC700S、とても良いバイクに感じます。つまり、全開に持っていかない範囲なら、やや控えめのパワー以外は特に良くないと感じる部分が少ないということなんでしょうね。足周りはリアがオーリンズですからノーマルではありませんが、リアの動きに遜色のない働きをフロントもしてると思えます。まあ、欲をいえば、もう少し小さい入力に対して細かく動いてくれれば嬉しいですが、この価格帯でこれなら十分以上です。

 エンジンも街乗りなら60キロまでに6速、4~6速でコロコロ言いながら走る程度ですし、リミッター?なにそれ、美味しいの?って感じですしね。通常、1,500回転から3,000回転+までしか使いませんし。というか、それが本来のNCの使い方ですね、なに言っちゃってんの?って感じです。二次バランサーの無い700の鼓動感は、自分好きですし。ま、そんな感じでギリギリに低い回転域を使うので、アクセルの開け始めの位置とか、こだわっちゃうわけですね。

 唯一ブレーキだけは、もうほんのちょっとだけフロントが効くと良いかな?と思う事がありますが、パッド交換で気にならなくなる程度のことだし。まあ、各部のコストダウンのプレス部品とか、錆やすいとか、ゴムがアレとか、高価格帯の海外バイクでもそれほど変わらなかったりするのが現状ですし、気にしたら負けですね。

 というわけで、街中のお散歩バイク、通勤バイクとしてのNC700Sってのは低価格の割に高次元で完成してるバイクだと思うのですよ。サーキットはともかく、山道行ってもそれなりに走れる実力もありますし、卑下する必要は全く感じないですね。まあ、MT-07乗れば、もっと凄いアレやアレですが、失うものも少なくないわけですし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

BOLT Cスペック②

 しかしボルト、せっかくだから昔のRD400の様な、鼠色に金線のタンクにしてくれれば良かったのに!まあ、ちょっとクラシックすぎるかもしれませんが、ねずみ色のタンクを見ると、どうしても自分が国産車で一番初めに好きになったRD400を思い出しちゃいますからね。しかも、同じヤマハですし、しょうがない。

 さて、もしもですが、自分が手に入れたら、まずオーリンズのリアサス。車高調整が付いたのがいいですが、高くなりそう。性能が性能ですから、タイヤもフロントサスも別にそのままでいいかな。メーターバイザーはデザイン的にイマイチ合いそうにないので我慢して、ステップ周りは社外品のもうちょっと綺麗なのが欲しいかな。位置は現状で十分だけど。

 そしてできるだけ軽量のマフラー。できれば軽量ホイールって言いたいところですが、ホイールは高いからねぇ。ボンネビルでもだいぶ悩んだ末にあきらめましたっけ。あとは軽量化したいところですが、なかなか難しいかな。外装系にお金をかけるなら、それこそ上記のRDタンクに塗装し直す位でいいかもしれない。

 などと、妄想だけならタダですからね。しかしアメリカンかぁ…と思ってたけど、思ったよりは気になってるらしい。NCに乗ってると、やはりクラシック系のハンドリングの方が自分には合ってかなぁ…と思っちゃうしね。だが試乗したくても、検索すると東京まで行かないと無い!ああ、(できればサーキットで)試乗したい!しかしボルト、海外ではかなりカスタムの素材として色々いじられていて楽しいですよね。XV950で画像検索~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

ちょっとのぞいてきた

 しかし、今年はホントにバイク乗れないですね。時間が空いた時は雨だったり、調子が悪かったりで。200キロ走ってない…。まあ、そんななか、車でですが、日曜日に宇都宮の方へ出かける機会があり、運転手の特権としてちょっとだけ(力関係が…)宇都宮のライコランドをのぞかせてもらいました。

 なにを見たいとかいうより、水戸以外のバイク用品店に行くの自体が凄い久しぶりなので結構期待はしていたんですが、規模があまり大きいわけでもないので、まあ、そんなに凄くは変わらないかな?という感じでしたけどね。ただ、ヘルメットコーナーにデザインモデルを網羅する様なラインナップがあったのが嬉しかったですね。

 見たくてもカタログかネットというモデルも少なくなかったので、チラッとですが確認することが出来たのは良かった。良かったけど、イメージと違う…というのが多くて、やっぱり手を出さなくて良かったかな、と思ってしまうのは嬉しくなかったですけどね。しかし、ダークな感じというか、全体的に暗い色調が多いのはツマラナイですね。80年代のパッと鮮やかでシンプルなデザインに慣れ親しんだ身には、安全性も落ちるし、ピンとこないしで。

 そうそう、ここにはまだベルの展示がありました。水戸のナンカイはすでに展示されていないので、久しぶりにM3J見ました。内装も充実した在庫で、この辺は結構ベルも売れてるのかな?と思いました。水戸では2回しか見たことないんですよねぇ~、残念ながら。復活してレプリカがなに来るかにもよりますが、やはりベルは候補に入れときましょう(使い勝手は気にいってるわけじゃないけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

BELL復活はもうすぐ?

http://acv.co.jp/01_product/bell_top01.html

 HPを見ると、あいかわらず2014年5月で時間の止まっているベルヘルメットですが、内部では苦労しながらも再開の努力が続いている様です。近所のお店はベルコーナー自体が消滅していますが、行くとローソンレプリカ買っとけばよかったかなぁ~という後悔をしてしまうのですよね。

 M3Jという、昔のモデルの復刻版みたいなやつ、特にローソンレプリカ、ロバーツレプリカはもうちょっとで買いそうになっていた、というのも事実。前にも書きましたが、安全性うんぬんもありますが、真夏のサーキットで愛用してるミラーシールドが無いとか、口元がメッシュの布地でカビるんじゃ・・・というトラウマ(はい、経験ありです)のせいだったりするんですけどね。あと、のどにかかるあご紐と。

 ローソンの黄色があれば多分買ってた。そしてロバーツレプリカも、83年のデイトナ仕様のカラーリングなら買ってた。もちろんバイクが黄色かったってのも大きいです。今は白くなっちゃいましたから、今度は赤が良さそうなんですけどね。しかもつなぎの上半身が眩しい黄色になっちゃったしね。

 苦労してるジェット型ヘルメットが軌道に乗れば、M3Jの新しい限定レプリカも考えてるみたいなので、今度こそはチャレンジしてみようかな。帽体の剛性的にはエアロブレードに近い感じ?内装などもアライ・ショウエイ以外の国産メーカーの、やや短めの寿命と考えておけばいいでしょうね。塗装を頼むと非常に高価になってしまうので、適価で昔風のシンプルなデザインのレプリカが手軽に手に入るというのは、魅力なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »