« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

後ろを使おう!

 どこのなにではありませんが、シートへの荷重→リアタイヤ路面への荷重が大事なんですよ。そこをきちんと一番最初におさえといて欲しかった、というのが感想ですね。腕の力を抜くにしても、座面への荷重がしっかりしていないと、逆に荷重が抜けて、背中もエビぞって、肩に力が入っちゃうとかと思うんですよ。

 一番簡単なのはリアブレーキの特訓、ってのは自分の経験からですが、他にも何かいい方法があるのかもしれません。シートに、リアタイヤの接地面を地面に押し付けるようにどっしりと荷重する…ほら、リアブレーキだけ使ってブレーキをきちんと効かせようとするのと、ほぼイコールでしょ。

 ブレーキを踏むことだけでも、ただでさえ荷重が抜けやすいですから、フロントブレーキを使ってフロントが沈んだり、きちんと荷重が出来ていなかったりすると、きちんとリアブレーキを使うことが出来ず(使えないから使わなくていい、と昔の人は言ったらしい?)、容易にスリップしたりしてしまいます。

 シートに座って、リアタイヤを地面に押し付けるイメージで、でも後ろじゃなくて真下に向かって荷重をかける感じで、そしてマシンがブレーキで沈むのに合わせてそれに追随するように、きちんとリアをグリップさせましょう。これが出来る事によって、逆に抜重(コーナリング時に真下に向かっていた荷重をタイヤの内側接地面に移動する)のも理解しやすくなるので、納得いくまで楽しく練習しましょう。

 まあ、普段の山道でも、フロントブレーキは指一本でフロントフォークを落ち着かせるように沈め、ターンインで旋回しやすくなるギリギリしかかけずに、リアブレーキを上手に使うという走りでも良いかもしれません。これには副次的な効果がありまして、ブレーキングポイントが早すぎる人には劇的な効果があるかもしれません。まあ、ものは試しで遊んでみてはいかがでしょうか?

 当然リアを沈めるような動きにしたければ、フロント突っ張るとか、ハンドルにしがみつくとか、できるはずがないんですよ。実際のフルブレーキはマシン全体を沈める様なイメージで、腕も肘から先を下に沈めるようなイメージを持ってブレーキングするのが大事です。もちろん腕に力がかからないとは言いませんが、意外とリアの荷重をしっかりできるようになるだけで、腕がフリーになるもんです。

 腰が伸びてるとそもそもリアタイヤの荷重が抜けますから、荷重がきちんとかけられるようになれば、腰を柔かくなんて言う必要も無いんですよね。リアブレーキの効果を最大に引き出そうとすれば、路面に柔軟に追従するために、腰が伸びるはずないんですから。というわけで、今回途中で切らずに長文にしたのは、一息に言いたかったから。リアブレーキ練習のすすめ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

グッツィはやっぱり良いなぁ

 一時間半も寝坊したので、試乗の凄い列に並ぶ気も起きず。ショップの出店や、バイク鑑賞をメインに1時間半程度ウロウロして楽しんできました。しかし凄い人ですね。バイクもいっぱい。試乗待ちの列も長いし、これは朝一で来ても悩んだかもしれないですね。サーキットはライパで走ってますし、フリーじゃない走行だと3台程度乗らないとコスト的に…。

Img_20150426_114530 まあ、じっくり眺めて、またがることも出来たので、これはこれで。カリフォルニア、思ったよりデカイですね。ポジションがまた大柄で、180センチの自分でもハンドルバー一本分程度ハンドルを手前に引かないと乗れないかな?と思わされました。しかしさすがグッツィのアメリカン、バンク角は結構ありそうですね。乗りたかったなぁ。

 V7がメインでビッグツインはカリフォルニアだけだったので、スタッフの方に聞いたら今はビッグツインはカリフォルニアしか入れてないんだそうですね。まあ、売れないからしょうがないんでしょうが、ちょっとさびしいですね。V7はどうしても線が細いですから、大きいツインもあると良いのにね。

 V7のスクランブラー(アローのマフラー付いてましたが、車検通るの?)は良さそうでしたが、ドカのスクランブラー見ちゃうと、ターゲットは違うとはいえ、なかなか厳しそうな気はしましたね。しかしどうして昔のルマンⅠのレプリカは造らないんでしょうね?古すぎるイメージになっちゃうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

BikeJIN祭

Img_20150426_100953 目覚ましより早く目が覚めたぞ!ということで安心して二度寝しましたorz。というわけで、どうしようか迷いましたが、ちょっとトライアルも見てみたいし、ヘルメットの試着もしてみようということで、ちょっと行ってみました。トライアルってこんなに近くで観られるんだねぇ~、ってのが驚きでしたね。息遣いまで聞こえます。

 開き直ってメインゲート付近をウロウロして、「おお、これがツイッターで見かけた豚丼か!」とか(買いませんでしたが)、ああ、はるかかなたに試乗車が見える、とか思いながら子供たちが楽しそうに遊んでるのや、頭の上を通り過ぎる楽しそうな(高い)アトラクションなどを眺めてから北ゲートへと向かいました。

 そう、自分普段使ってるのが北ゲートだと思ってましたが、実は南ゲートだったんですね。いやぁ、何回もてぎ行ってるんだ?って感じですが、別にゲートの名前とか気にしませんもんね?ああ、恥ずかしい。まあ、南からは北へサーキット内で抜けられたので助かりましたけどね。

Img_20150426_101452 道すがらマルケスの例の展示をまじまじと眺めたり。これ、フロント・リアサスは走行状態に縮めてあるんですかね?ちょっと姿勢が高く感じましたが。しかしやはりこのバンク角だと足はたたまないといけないんですね。ロッシは窮屈だろうなぁ。一度この状態でまたがってみたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

ボルト無かった…

https://www.facebook.com/bikejin/photos/a.163784640483864.1073741829.163699540492374/356332167895776/?type=1&theater

 日曜日の試乗車一覧。貼るのは、これでいいのかな。ボルト無いですね…。Cスペック…。SRや07、Vmaxもないし、ホンダの水平対向も無いか。そしてカワサキは…ERやW650、一度乗ってみたかったんだけどね。

 というわけで、VFRと外車位しか乗りたいのがない。グッツィはカリフォルニア持って来てるんですよぉ~。あ、カリフォルニア乗りたいな。だから行かない、と書こうと思ったけど、起きられたらカリフォルニアのために行こうかな。

 ヤマハは話題の新作、ということなんだろうけど、MT07も無いとか…。北関東の試乗回はやらないのに、どうしてこういう機会に持って来てくれないんでしょうね?本田のイベントは菅生でやるんだから、ヤマハももてぎで試乗会とかやってくれればいいのにね。

 雨は今のところ大丈夫そうだし、普段4時頃寝てる自分が起きられるのか?というところ。朝一で行って、午後一には帰ってきたいしね。あ、良く考えたら車で行っても良いのか。それなら前の日に装備を積み込んどいて、起きてすぐに出発できる…でもバイク乗りたいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

ベル・ヘルメット

http://www.acv.co.jp/01_product/bell_pic.html 

 先週位に来てましたが、一応続報ということで。どうやら夏ごろジェットとフルフェイスのリバイバル新作投入ということで決定見たいですね。

 しかしこういうシンプルなフルフェイス、どの位需要があるんでしょうね?真夏の夜にバリバリ、って人が好きそうですが、あとは過去車に乗ってる層位?ベンチレーション無しというのは潔いのか、冒険なのか。

 今時ホームセンターメットでも普通にベンチレーションついてますからね。無いヘルメット使ったことある人の方が少なくなってるんじゃないでしょうか?多分90年代に入ると、みんななんらかのベンチレーションついてましたしね。今ないのはシンプルジェット位のものかな?

 自分の乗り始めた頃にはシールドホック止めのフルフェイスはまだありましたが、さすがに使ったことないですね。ナヴァ3、ラパイドでスタートでしたし。ナヴァはプラスティック製で口元しかベンチレーションありませんでしたけど、デザインとか機構とか、好きでしたね。今アライのシールドシステム好きなのも、主にナヴァのせいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

行けるかな?

http://www.ei-publishing.co.jp/motorcycle/ridingparty/motegi/

 年に一度のお楽しみ、ということでライディングパーティーもてぎは申し込み済み。今年も仕事にならなければ、NC700Sで動くシケインと化してきます。ストレートではぶつからない様に注意して下さいね。なにしろストレートエンドでの速度差が100キロ近くになりますからね。これは他のSR、250勢なんかも一緒ですね。

http://www.ei-publishing.co.jp/motorcycle/bikejin2015springfes/

 そして来週末ですが、こちらも家の中で調整が出来て晴れならば、こちらのイベントに行ってみようと思っています。昨日の日曜日が会社に縛りつけられていたので、ちょっとはお楽しみがないとね~。パレードランとか、ライディング講座とかは興味なく、なかなか機会の無い試乗メインでの参加ですね。

 ボルトのCスペックとか、KTMの小さいの、グッツィあたりで乗ったことのないのがあれば乗ってみたいですねぇ。ただ、普段午前3時前後に寝る自分が、7時頃に起きられるのか?というのが…。まあ、奇跡的に昼前じゃない時間に起きられて、お天気が良ければ、なんとか気合い入れてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

換えるならミシュラン

 前にも書いた気がしますが、タイヤを換える時はミシュランのパイロットロードを考えています。ハンドリングで悩み過ぎたル・マン時代から、困った時のミシュラン頼みということで、タイヤに悩んだらミシュランを試してみるというのが自分の中での基本になっています。エイボンにしてミシュラン、BSにしてミシュランと、比較しながら使っていましたし。

 なにがいいのか?普通のツーリングスペックしか使ってないのでよくわかんないんですけど、自分の中ではハンドリングがわりとニュートラルで、コントロールの幅が大きいという感じなのでしょうかね。エイボンは乗り方を限定されましたし、BSはホイールのセンターがオフセットされ、左右でタイヤの位置の違うマグホイールではイマイチ安定感に欠ける気がしましたし。

 とりあえず今のカチカチタイヤをミシュランにすることで、自分の中でのNC700Sのニュートラルな状態という部分を確定したいという感じでしょうか。開発タイヤは純正のBSかもしれませんが、あくまで自分の中での、という意味です。バンク角も無く、パワーも無いのにツーリングスペック以上は必要ありませんから、パイロットロード一択ですね。

 今ある3か4かということでは、4。ライパでミシュランのブースで勧められたってのもありますし、接地感が欲しい…ということで勧められたのなら、そっちにするしかないでしょう。日曜もフロントがすくわれる感じ?がして、結果りカバーできたけど、結局よく動きがわからなかったこともあって、やはり接地感は安全のために絶対必要な気もしてる今日この頃です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

年はとりたくないものだ

 うう~ん、日曜日は二時間あったので、切り返しだらけのところへ行ってみたのだけれど、乗り物酔いに…。普段乗らないとはいえ、年取って三半規管の性能がガタ落ちしてるんじゃないかと心配になってしまいますね。真っ直ぐ走ってる分にはなんともないんですけどね、バンクが深くなってくと調子悪いみたいですね。

 最初は目の衰えのせいかとも思ったのですが、やっぱりどうもそうじゃないみたい?まあ、去年のもてぎのライパでも問題は出なかったので、こういう細かいところをやたらと切り返していくのがダメなんでしょうねぇ。時間が空いたらしばらく通って様子をみてみようかな。こんなとこ普段からトレーニングは出来ないしなぁ…。

 さて、走り出してしまえば、あまりブランクは感じないのですが、今回は寒かったせいか、上半身、とくに腕回りの固さを感じてしまいました。フラットでアップなハンドルが好きじゃない、とか言ってる場合ではないですね。どうしようもないんだから、きちんと慣れていかないと。タイヤのエアが抜けすぎで…という整備不良も原因の一つではあるんですけど。

 そんなタイヤ、接地感が希薄ということで、エアを少なくして揉んでやってるわけですが、今回は時間が空いて抜けすぎちゃったみたいです。そしてそうしてもタイヤ的にはあまり変わらない。コンパウンド自体が、ということなんでしょうね。やはり出来れば変えたいのですが、予算的に(3000キロチョイで減ってないタイヤをもったいないとも思って)厳しいんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

R 1200 Rを見て

 オオツキにあった1200Rですが、試乗を薦められましたが、観梅の最後の大波か、道が非常に混雑してたので、今回は遠慮しておきました。それにまだ、コレを目当てにくるお客様もいる事でしょうしね。次回以降、機会があれば試乗してみたいですね。ビッグチェンジは、過去のR-R乗りとしても色々と気になりますしね。

 通常のテレスコピックに戻ったフロントフォークは、剛性感の高そうな倒立型が、RnineTよりも近い位置にあるみたいな印象で、ハンドリングも全く違うのでしょうね。デカイラジエーターは掃除が大変そうだし、虫が…とか思っちゃいますが、みんな好みのカバー位付けるんでしょう。エンジンの上に見える発泡スチロールは共振防止?こんな熱いところに発泡スチロールがあると、不思議です。

 ただ、ポジションが狭すぎて、すっぽりとお尻がはまってしまうローシートは非常に不満ですね。オプションと言うハイシートを試してみたくなります。なにしろローシートは膝が結構曲がる=乗車時に膝がキツイという仕様です。とにかく窮屈に感じますが、あの大柄なドイツ人が開発したとすると、乗っていると気にならなくなるのかな?

 走行性能的には今の自分には過剰、と言うのはわかっているので、パワーデリバリーと、ギアの設定あたりが注目点でしょうか。価格的にはもう手の届かない領域(それでも内容を考えると、それほど高いとは感じない)に行ってしまいましたが、電子制御の出来るだけ少ないバイクを求める今の自分には、そもそも向いていないバイクなのも確かですね。ま、そんな人のための800シリーズがちゃんとある、ってのが今のBMWですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »