« お散歩 | トップページ | 年はとりたくないものだ »

2015年4月 2日 (木)

R 1200 Rを見て

 オオツキにあった1200Rですが、試乗を薦められましたが、観梅の最後の大波か、道が非常に混雑してたので、今回は遠慮しておきました。それにまだ、コレを目当てにくるお客様もいる事でしょうしね。次回以降、機会があれば試乗してみたいですね。ビッグチェンジは、過去のR-R乗りとしても色々と気になりますしね。

 通常のテレスコピックに戻ったフロントフォークは、剛性感の高そうな倒立型が、RnineTよりも近い位置にあるみたいな印象で、ハンドリングも全く違うのでしょうね。デカイラジエーターは掃除が大変そうだし、虫が…とか思っちゃいますが、みんな好みのカバー位付けるんでしょう。エンジンの上に見える発泡スチロールは共振防止?こんな熱いところに発泡スチロールがあると、不思議です。

 ただ、ポジションが狭すぎて、すっぽりとお尻がはまってしまうローシートは非常に不満ですね。オプションと言うハイシートを試してみたくなります。なにしろローシートは膝が結構曲がる=乗車時に膝がキツイという仕様です。とにかく窮屈に感じますが、あの大柄なドイツ人が開発したとすると、乗っていると気にならなくなるのかな?

 走行性能的には今の自分には過剰、と言うのはわかっているので、パワーデリバリーと、ギアの設定あたりが注目点でしょうか。価格的にはもう手の届かない領域(それでも内容を考えると、それほど高いとは感じない)に行ってしまいましたが、電子制御の出来るだけ少ないバイクを求める今の自分には、そもそも向いていないバイクなのも確かですね。ま、そんな人のための800シリーズがちゃんとある、ってのが今のBMWですけどね。

|

« お散歩 | トップページ | 年はとりたくないものだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R 1200 Rを見て:

« お散歩 | トップページ | 年はとりたくないものだ »