« そういう時はイメージトレーニング | トップページ | 久々の雨かな? »

2015年7月 9日 (木)

慣熟走行

 慣熟走行といえば、割と適当に走ってる人もいますが、せっかくの走行時間、それも目を三角にしないで走れる貴重な時間ですから、もっと大事に使っても良いと思います。…とか、リーンアウト・ウィズ・インを切り替えながら走ってる自分が言うのもなんですが、それだってちゃんとした理由がある…というのは過去の記事で書きましたっけね。

 ライン取りとか、コーナーのカントの付き方、上り下りの仕方、パッチや段差などの路面状況とかをきちんと見るだけでなく、意識的にポストとか掲示板とかコースサイドの様子などを首を動かして(もちろん危なくない場所を選んで、ですよ、とても危険ですからね)確認することで、首周り(上半身)の固さを取ってやる、ということもできるんじゃないかな。

 必要もないのにストレートでアクセル開けて前に詰まっちゃう人いますが、適度な間隔を置いて、何台か前の先導車のラインをなぞる(目の前より、遠目で見るとコーナーのどの辺でターンインとかわかりやすい)様に走ったり、自分の乗り方でのライン取りに有利なターンインのポイントを設定したり、そこをどう大事に乗るかで、実はその後のフリー走行は全く違うものになったりするんですけどね。もったいないです。

 公道でも前の車にぴったりくっつく下手な人が多いですが、上手い人は視界を広く取り、周囲の状況などにも気を配ってる場合が多いですしね。そんなツマラナイことでも、意外と乗り続けてると大きく差が広がってしまうもんです。適度な間隔があれば、前のバイクに気を取られることなく、自分とバイクの状態をきちんと見ることができますし、フルに回す前にそういう時間は大事です。

|

« そういう時はイメージトレーニング | トップページ | 久々の雨かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慣熟走行:

« そういう時はイメージトレーニング | トップページ | 久々の雨かな? »