« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

なんで普通に記事書いてるかと言うと…

 早すぎますが、復活です。全く、口ばっかりですが、まだ“とりあえず”ですかね。バッテリーが無くなって、キーをひねってもポンプ?の音が鳴らず、スターターもダンマリの状態でしたから、とりあえずの急速充電でしょう?ってことで、急速充電。グッツィやボンネビル乗ってたんで、バッテリーチャージャーは必需品ですし、すぐできます。

 おお、キーをひねるとちょっと弱いけどポンプ音がする!なんだ復活?と思いましたが、セルを回すと“クッ……”終了です。もう一度押しても、うんともすんとも言いませんorz。いや、まだだ!、まだ通常充電がある!ということで、通常充電。ポンプ音はなるね、スターターも…、キュ、キュ、キュ…ボボボボ。おお、かかった!かかったよ!まあ、普段のキュル、ブオーッ、ってのとはちょっと違いますが、とりあえずかかっちゃえば。

 と思いましたが、普段ならドロロロ、っと走り出すところが、ボッ、ボッ、ボッと。あれ?どうも電気が弱い?と思ってたら、3メートルくらい走ったところでPGMFI警告灯が点いちゃいました。どうも電気が足りない様ですね。エンジンも電機系も壊れると嫌なので、即エンジン停止です。一応、もう一度かかるかな?という疑問がありますのでセルを。“クッ、カカカ”。…かかりませんでしたね。念のためもう一度普通充電、以下同文。

 バッテリー、終了のお知らせ…。いや、まだまだ!低速充電がある!ということで、維持充電を48時間。キーをひねると、お!元気なポンプの音がする!これはいけるんじゃ?ということで、スターター。キュル、ブオーッ!来た来た来た!これ、これですよ。電気たりてるんじゃない?ということで、とりあえず100キロ位走ってみましたが、途中でエンジン止めても普通にかかりますね。このまま安定してくれると良いんですが…しばらく様子見です。

 終了したバッテリーは基本復活しない、と言われてるので、まだ(仮)の復活ですけどね。とりあえず23日に走って、27日にも電気の弱さを感じさせずに普通にかかったので、報告ということで。もう一度維持充電しとこうかとも思いましたが、経過も見たいから、今回はこのまま様子見。なんとか車検までも持たないかなぁ(2年4000キロ未満だしね、まだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

MT‐03、良いよねぇ

 まあ、デザインは全く好みに合わないんですが、大きさはほぼRZ250と同じ、出力はやや上回り、トルクは発生回転数まで含めて、ほぼ同じっぽい。まあ、重量が重いので、その分差し引きすると、RZ250と同等なんじゃないのかなぁ、と。もちろんパワーバンドに入れば伸び上がるような快感は無いとはいえ、こちらは全域でトルクが出てる分扱いやすそうであるかな。

 ニーグリップする部分だけガソリンタンクにして、その前の部分にダミータンクカバーのエアボックスを付けるとして、RZやRDの様なタンクに出来ないのかなぁ?XSR-03どうでしょう、ヤマハさん。シートはRZかTZRテールくっ付けて、低く構えたセパハンの派生モデルなんてできたら、自分はもうそれに乗り換えても良いかもしれない。

 あの黒いコンパクトなエンジンと、小さめのラジエーターもRZっぽさに合うだろうし、トンガリデザインの今時のバイクに抵抗ある中年以上のライダーにも受け入れられるかも。ロボちっくなのは、子供っぽくて嫌なんだよね、実際。XJRとかもそうだけど、こういう昔っぽいバイク風のネイキッドはヤマハ得意なはずだろうし、なんとかならないもんだろか。

 ハイパワーすぎるSSと並んでも自己主張出来る、山道位なら侮ってると喰われちゃうよ?っていうRZの現代版があると、妥協だったり、言い訳しながら乗る中型という範疇を超えていける様な気がするけれど、さすがにそれは回顧主義の年寄りの妄想か?若い人には受けないのかもしれないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

そのうち復活する…はず?

 ライパの写真とか、ライテクの丸パク疑惑とか、まあそのほかの日常でもダメージを受けてたところに、今度は例のNC700のバッテリー放電トラブル…。連休中に半日乗る枠をもらってたのに、無駄になりました。秋眠から冬眠、そのまま春眠、夏眠と復活しない事がない様に気をつけながら、しばらくは地の底にもぐるかな、と。

 しかし、バッテリーが定価25,000円以上するって聞いてびっくりしました。ちょっと前にキューブちゃんのバッテリー換えたばかりだっただけに、余計に。これをちょっとした操作を行ってしまう(しかも、普通にやりやすい)ことで、使い捨てにしなければならないNCは…ちょっと擁護のしようがないほど、ダメなバイクだと思います。

 グッツィは中古を12年位乗ってECUだったか、ダメになりました。ボニーはもっと早く、距離も乗ってないのに電装系が…。しかし、それらはある程度時間がたった時に、というものであって、交換してもその日にバッテリーをダメにしてしまうこともある様な、しかも注意喚起されていない重大(コストもかかる)トラブルがあるというのは、『正直買うべきではない』と言い切れるほどのダメさだと思います。今でもNC700S大好きな自分ですが、ここはハッキリこう言っときます。

 電装系の信頼度ではグッツィ>>>ボニー>>>>>NC700という、一般的には理解できない順位が自分の中ではついてしまいました。とはいえ、まあグッツィは他のところが色々問題出たりしますしね。とりあえず、バッテリーを復活させられないかを試しつつ(復活できたら、普通に戻ってきそう)、気長にバッテリー貯金でもすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »