« ○足荷重? | トップページ | ステップワークとは言うけれど、 »

2015年10月20日 (火)

ステップワークは普段から

 ステップワークというと難しいとかんじてしまいますが、効率よくバイクを動かすために、ちょっと力を入れたり抜いたりするだけのことなんですよね。みんな難しく考えすぎ。曲がる時にシートのイン側の縁に体重が載る様に、力を抜くというのが基本かな。

 まあ、細かいことはだれかが書いてるでしょうから…。触りだけ。山道へ行くまでの交通の流れで出来ることですから、退屈な移動時間…と雑にバイクを扱っている人がよりつまらなくなっていくのに、こちらはゲーム感覚でアクセルともシンクロさせたりしながら楽しく走れるというわけです。

 ごく普通の曲がり道を、交通の流れの中でライディングを意識してやるだけで、ステップワークの練習にもなるという。これをきちんと練習しとくと、コーナーで固まっちゃったり、十分な旋回性が得られない!とか、バンクしてかない!なんてことも防げるはず。結局とばしても、ユックリ走っても、バイクの操作、動作、ライダーの関与する部分はそうは違わないというのを理解しないとね。

 人間の体はどう動かすことが理にかなっているのか?と考えると、入力も脱力もとても自然に感じるはず。そしてこれは別に荷重じゃないよなぁ…、とわかってくるんじゃないでしょうかね。シートへの荷重、これを中心に考えないと、この辺の悩みはなかなか解決しないんじゃないでしょうかね(と、下手で苦労した人的見解)。

|

« ○足荷重? | トップページ | ステップワークとは言うけれど、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップワークは普段から:

« ○足荷重? | トップページ | ステップワークとは言うけれど、 »