« ステップワークは普段から | トップページ | 日曜は近所で »

2015年10月23日 (金)

ステップワークとは言うけれど、

 こうしなきゃいけない、というのは少ないですよね。なにしろ、体格やバイクによっても出来ることと出来ないことは決まってしまう。でも、そんなバイクでも普通に乗れるわけですから、逆にやっちゃいけないことを考える、というのがポイントだと思います。そういう意味でも、抜重をメインに考えるというは、視点を変えるという意味でもよろしいんじゃないかと思います。

 ステップに乗せるのも、自分の理想は外足土踏まずですが、スポーツツアラーしか乗らない自分のバイクは腰を落とすと…足が…届かない。自然と親指の根元あたりで踏むようになりますが、別にいいんじゃないかと。内足はつま先ですが、土踏まずで乗るGPライダーもいましたし、要はマシンコントロールを自分がしやすいならどこでもOKじゃないかな?まっすぐでも、横向いてても別に…。

 さて、通常の範囲では踏みつけるわけでもなく、体重をかけるわけでもないステップですから、ステップワークとは言っても、外足と内足の載せる場所が違う場合の踏み変え位しかない。切り返しでは忙しくなるけれど、どちらかというとシートへの体重の載せ替え補助の役割でしかない気がします(正直ハードに走ってるときどうなってるのかはよく分からない)。

 というわけで、意識してステップをどうこうしてやろうと思わないのが、意外とステップワークの肝なのかもしれませんよ?前から言ってる様に、「こうしてやろう!」と思うと力が入ってしまったりしますから、ハンドルの押し引きと同じように、結果として力が入ったという以上の入力はしない方が上達が早くなるかもしれない…というあたりで考えてみるのもよろしいんじゃないかと…。

|

« ステップワークは普段から | トップページ | 日曜は近所で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップワークとは言うけれど、:

« ステップワークは普段から | トップページ | 日曜は近所で »