« なんで普通に記事書いてるかと言うと… | トップページ | ライテク論的な、というか、ハングオフ結構楽しい »

2015年10月 2日 (金)

山道じゃ使わないけど、

 まあ、サーキット行ったときにはメリットがデメリットを上回るので、練習を始めました。そう、ハングオフ。山道程度の走りでは正直デメリットの方が多いので、公道ライダーの自分としてはあまり興味の無かった分野ですが、長らく乗ってきたタイヤの細いバイクから、NCのちょっとだけ太めのタイヤに代わったので。もちろん、サーキットでのバンク角を補うというのが一番の理由であったりします。

 この位太いタイヤだとターンインの一次旋回がもっと強くなるということもあるし、同様にライダーの荷重の位置がリアタイヤの接地面の内側に入りやすいということもあるしで、後者はパワー的にトラクションのしっかりかからないNCでは前者よりは大事ではないとはいえ、やはり効率が良くなるなら稼げるとこは稼がないと、ストレートがアレですしね。

 公道では、路面の状況がサーキットのように理想的ではないし、なによりタイヤにそれほどのグリップが発生せず、ライダーもインに体を入れるのに見合うだけのコーナリングフォースが発生しないので、なんだか中途半端な感じになっちゃいますしね。寝たまんまなんてことは無く、細かく切り返す様な場面も多いので、まあ本来は無駄の多いライディングということになるでしょう。

 ということもあって、爺さんライダー的にはちょっとカッコ悪い…と思いながらの練習に。う~ん、それにしても、ローソン的なということをいつも求めているのに、ハングオフでターンインする時には頭にスペンサー的なイメージを浮かべてしまうというのは、なんだか変な気もしますが、後で修正するにしても、今はわかりやすいこのスタイルで良いかなぁ~、ということで。

|

« なんで普通に記事書いてるかと言うと… | トップページ | ライテク論的な、というか、ハングオフ結構楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山道じゃ使わないけど、:

« なんで普通に記事書いてるかと言うと… | トップページ | ライテク論的な、というか、ハングオフ結構楽しい »