« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月28日 (土)

ツイッターからの転載ですが

 MWT-9、面白そうですよね!ネットで見ただけですが、モーターショーで一番気になったのはコイツかなぁ。そのあたり、見た時につぶやいたのを、若干加筆して。

 異次元の動き。リーン!する3輪バイク「LMW」を生んだ、ヤマハ40年の夢 : ギズモード・ジャパン gizmodo.jp/2015/11/lmw_ya… やっぱ、テッセラクトの様な足(ビモータ・テージの様な)は厳しいのか。OR2T(GTSの様な)では、いかにも上が重そう。リア2輪というのは自然なバンクが難しそうだね(左右のタイヤがサスペンションで上下するということは、抵抗があるはず)。

 MWT‐9は、トリシティ位の(幅の)フロントタイヤじゃ足りないのかな?まあ、テストしてダメだったんでしょうけど、細くてプロファイルの丸すぎないタイヤの方が感覚的に良さそうと感じるんだけどね。個人的に思うのは、前タイヤのグリップを失う(特に跳ねるという様な時)状況がよろしくないんだろうと…(前後の重量配分にもよるんだろうけど、外へ逃げそうだしね)(プロファイルがどの程度ハンドリングに影響を及ぼすか?というのもこのバイクの面白いところでしょうね)

それとトリシティはともかく、MWT‐9はタイヤが減った時の挙動がどう出るのか?というのも興味がありますね。四角になったタイヤで走ると、ハンドリングはどうなってしまうのだろう?いつも攻めてフルバンクしてればいい?まあ、そうですねぇ(舌なめずり)。現実的にはそういうのと無縁な人が…(フロントに不安の無いバイクということで買いそうな気がするし、そうすると真ん中だけ減る、というのがより現実的に。そういう時前2輪というのは、非常に曲がりづらい気がするんですよね)。

 ま、(それと)フロント重いから心配ないのでしょうが、バンクしたままウイリーしていって、そのまま傾いた状態でフロントが接地する様な状況も苦手な気はしますね。浮いた状態でハンドルが切れ込みそう(だし、両輪のテレスコピックが伸びきった状況からイン側のタイヤだけが先に接地する状況がちょっと怖そう)。(切れたハンドルを)適切な位置に戻すのは重くないかな?(そして、ビギナーも対応できるのかな?)と。まあウイリーコントロールという便利なものが今はあるから、(セッティングの範囲で)OKか(な?ジャンピングスポットは避けようがないけれどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

雨多いね

 少ない休み、子供のいない時間しか乗れないと、なかなか出かけられませんね。ライディングのビデオでも撮ってみようかな…と思って、連休の限られた時間に誰もいない場所を探してウロウロしてみましたが、朝早くの山の中とかじゃないと、やはり難しいかな。朝起きることに関しては全く自身の無い自分には無理ですねぇ。

 ビデオ、というか、三脚が必要なデジタルカメラもそうですし、アップロードするのも前に使ったVimeoはいまいち使いづらいし、まあ、それ以前に見たいという人もいないだろうとは思うのですけどね。というわけで、特に書くことも無いわけですが、オートショップオオツキに頼んでたNC750のブレーキレバーを受け取ってきたので、これを早く付けてみたいですね。

 というか、今の純正レバーの調整幅って結構細かいのですね。4段くらいが普通だと思ってた。何段だったかは、NCのトランクに入れっぱなしでカバーをかけてしまったのでわからないですが、調整幅も大きいと良いな~。社外品も考えましたが、今回は純正で。ライパでサーキット行くし、予備レバーが出来た位の感覚で。

 後はミッションがやはりイマイチスムーズじゃない。純正に戻してもダメということは、どうしたらいいんでしょうね。まあ、距離乗らないので、これもも少し先、次回のライパ後の交換でしょうかね。タイヤも次のライパまでは大丈夫(期間的には変えた方が良さそうですが…予算が…)っぽいし、バッテリー問題以外は特になにという場所がないのは、さすがホンダ!という感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

かなしばり

 ステップワークのさわりからニーグリップ。結局一つ一つの行為は他とつながっているので、バイクのコントロールの項の下半身の章、その一部を取り出したものでしかないのですよね。あまり一つ事だけを考え過ぎると、結局なにもかもがチグハグ、ということになりかねないので、そのあたりには注意が必要ですよね。ニーグリップは上半身の自由度、安定もかねているというのは、乗ってて誰でも感じること。だったら簡単に切り捨てることなんてできないはずです。

 コーナー進入時に陥りがちなかなしばり、コーナーの出口を見ろ!というのは、正解だけど、ちょっと足りない気がします。固まった体、目だけをインに向けてもあまり意味がないのは、体験した人はわかるでしょう。この場合大事なのが、首を回して、回して(大事なことだから二回…前に書いた)イン側を向くこと。ま、なんでだかは自分で考えてみましょう。とにかく結果として上半身の力は少し抜けます。

 ニーグリップ。ま、しょうがないのでターンインしようと内足を開いてみましょう。ブレーキング時に両足でタンクをホールドして、ターンインで足を開くというのを推奨してるのは、主にここで役立つからですね。マシンをホールドするということは、マシンの運動性をスポイルすることにもつながります(低速でフラフラしなくなるのは、逆に…)。荷重は「全て」シートのイン側の縁にかけることをイメージして(ホントにやると危ないかも)。そうすると、ニーグリップ関連で必要ない力が加わっていてマシンが寝てくれない、というのがわかる様になるかな。

 そして下書きしたまま放置してる、ブレーキリリース。前から言ってる様に、ブレーキは最初だけ強く、コーナーが近づいたらスピード調整ブレーキに出来る様に余裕を持って。自分のやってる、スピード落ちてからシフトダウンする、というのも、この辺のコントロール近辺との兼ね合いという意味合いも少しだけあります。

 というわけで、なんとも歯切れが悪い感じですが、詳細は各自、自分と自分のバイクに合わせたライディングを目指すということで、よろしいでしょうか?ま、基本的に、飛ばすんならちゃんと自分の限界を考えて無理スンナ、ってことですね。そうしてても滑ったり、段差があったり、ものが落ちていたり、金縛り的な状況に陥ることもあるんですから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

ニー、グリップ

 ああ、そうなのか。という気づきはいろんな時にありますね。今回はニーグリップでした。ニーグリップ否定論みたいなやつでしたが、もしかしてニーグリップは思い切りタンクを挟み込むという思い込みがあるんじゃない?ということ。そんな疲れるし、無意味にタンク挟んだってしょうがないでしょうよね。身体が固くなるし。

 グリップという言葉が悪いのかな?でもハンドルグリップはギュッと握らないってのがようやく一般的に言われるようになってきたのに、どうしてタンクはギュッと挟むんだい?という疑問をもたないとね。怖い人がギュッと締めつけます、とか言うのもあるのかな。でもいつもそうやってるわけじゃないでしょうし、言葉が足りないですよね。

 たとえフルブレーキだって、シートにきちんと荷重した態勢が崩れなければ、そんなにギューッと挟みこんだりしないじゃないですか。前に動かない様に支えられればいいわけで。下手にギューッと挟むと、逆に荷重が抜けるから、否定する人はそれで誤解するのかもしれませんけど。GPライダーだって、足を開いたブレーキで間に合う(外足でステップからタンクをホールド)わけですから、カーボンでもないブレーキで、ねぇ。

 リーンしていく時だって、タンクのホールドより、バイクをある程度自由にしてやったほうがいいわけで。必要な時、必要なだけホールドしてやればいいわけで、ハンドルグリップと一緒で、必要ない時は軽く支える程度で良いんじゃないでしょうか。もちろんズボンのグリップ力は大事で、滑りやすいと無駄な力が入りやすいから疲れるんですよね?皮パンツは疲れにくいとかいう風に感じることがあるのも、そういうのが関係してるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

そして、だから、かな?

 カフェレーサーカスタムが色々出てきた、ドゥカティのスクランブラー。SRのカフェっぽい雰囲気のシンプルなカフェレーサースタイルがいくつか目に入る様になってきました(ネットでね)。過激すぎない、シンプルな構成、そして見た目もシンプルでコンパクトということで、今までデスモが怖くてドカには近づかない様にしてた自分にも興味が出てきたりして。

 やはり、年に一度のライディングパーティーみたいな、そして、年に数千キロのパートタイムライダーとしては、過剰過ぎない、足りなすぎない、という絶妙なバランスのバイクを追い求めてしまうんですよ。そしてできればユックリが楽しいバイク。NCやグッツィの様に、低回転域だけで山道を走っても楽しくて満足感の得られるバイク、ならなお良しですね。

 これから50台を迎える様な自分にとっては、軽さ、コンパクトさは非常に重要です。ましてや、動体視力、体力ともに衰えに向かっている身としては、過剰であることはなんの意味も持ちません。まあ、サーキット専用車として、年に一度だけ使えるという贅沢ができるようになるなら別でしょうけどね。

 SR、も考えなくはないですが、やはり自分は生粋のツイン乗りなんですよね。SRXに乗った3年間は、嫌というほどそれを思い知らされました。体力の衰えが予想以上ならアリかもしれませんが、そうしたらキックスタートが無理…。そういう意味では、維持費の面さえなんとかなるなら(購入資金、どこ行った?)、ドカのスクランブラーカスタムは、なかなか悪くない選択肢なのかもしれない…と思う、今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

元トラ乗り、元グッツィ乗り、そして今NC乗りとしては、

 グレーのスラクストンを壁紙にしてると、どんどん欲しくなるという悪魔の誘惑…。いえ、買えませんから!だれかNC700Sと交換してくれる親切な人がいればなぁ~(笑)。毎日眺めてると、ジオメトリーというか、タイヤ的にというか、ステアリング周りのセッティングが気になってきました。これって、これでいいのかなぁ?と、写真でわかるわけないんですけどね。

 エンジンはどうやらやたらとトルクアップらしいですが、どういう設定にしてるんでしょうね。ライバル車のBMのアレは回転抵抗が少なく、ピックアップの鋭いエンジンがわりと一本調子にのび上がる感じで、低回転域で流すのがイマイチ面白くない設定でしたから心配です。同じ様な性格にしちゃってないといいんですけど。

 グッツィやNCはスポーツ的に上もそこそこ使えて、わりとドロドロと下の回転で走れて、しかもシフトチェンジがユックリの息の長い加速(もちろん回転系の重量が大きいので牧歌的な印象は更に強い)が楽しめるという2面性が楽しいんですけどね。特にグッツィは左右の回転系の重量バランス取りをしてやると、トルクでドロロロッと引っ張っていったのが、振動とドコドコ感がスーッとおさまっていって、伸びすぎない程度にキレイにパワーが出てくる絶妙な感覚がもうね、エクセレントなんですけどね。

 というわけで、買えないバイクの心配をしてもしょうがないのですが、ボンネビルに乗ってただけに、後継車はどうしても気になるもんなんですよ。電子制御系が必要な…という点で今風な設定なのはわかってしまうのですが、こういうモダンクラシックは、やはり設定含めて一つのまとまり感が欲しいなあ~、と、素人のぜいたくな願望でした。前のボニーは流用しょうがないけど、今となっては売れるバイクだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

ケニー レプリカ

http://www.arai.co.jp/jpn/topics/arainews_rx-7x_roberts.pdf

 ケニーのファンというよりはローソンファンですが、クアンタムのローソン塗装頼むより、おそらく安上がりなのは魅力的だよなぁ~、ということで、毎日の様に眺めています。なんで毎日眺めてるかというと、イマイチデザインがパーツを避ける関係で微妙…と感じていたりするからです。

 とはいえ、黄色いツナギなんてのを着ているので、やはり黄色いヘルメットは落ち着きそうな気もするし…(デイトナの黄色いツナギ、赤いヘルメットも好きだけど)。ゴチャゴチャしたデザインのヘルメットが苦手な自分としては、やはりクラシックライダー系は落ち着くというか、好きなんですよね。

 BELLのレプリカもなかなか難しい様なので、次期ヘルメットとしては、やはりこれを入れておきたい。まあ、予算が厳しいので、白いRT33とかになってる可能性もありですけどね。今はフィル・リードレプリカですが、ヘイルウッドレプリカとかもあると良いんですけどね。しかし、感性が古すぎませんかね…。あ、RT33ならウンチーニレプリカも良いですね。

 しかしケニーのこのデザイン、メーカーのまだあるagvのデザインは使えないからBELL風、ということなんですかね?黒と黄色がチンカバーの上下二分してたり、色の境界に白いラインが入ってるほうが好きなんですけどね。BELL風ならもっと白頭鷲が前にある83?のデイトナのBELLみたいなデザインが良いんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »