« 重力に引かれる様に、と自分よく言いますが | トップページ | さて、ブレーキの練習をしよう »

2016年2月 7日 (日)

やり方は一つではないけど、どうしてそうするかだけはよく考えましょう

 ブレーキング時のニーグリップで大事なのは、前々前回述べたシートに掛けた荷重を逃がさないようにタンクを支えてやることです。バイクを沈める、上半身をフリーにする、路面に追従するためにはきちんとシートに荷重している状態を保ってやらないといけません。逆にいえば、それが出来ていれば、どういう風に支えてもいいということです。

 レーサーがステップ周りと外足の接触面だけでタンクを支えてるの、あれも必要なだけ支えられればいいということで、別にニーグリップじゃなくてもいいわけです。もちろん内足を閉じてニーグリップするライダーもいますし、「得られる効果が一緒なら、別にやり方にこだわる必要はない」という、こうしなきゃダメ!系の人の人は嫌だろうけど現実であります。

 自分の思う型以外は認めない!って人が結構いるわけですが、引き出しは多ければ多いほどいいわけですし、不測の事態に陥った時に、理屈がわかっていればそれをキープできれば他に出来うる対処法のバリエーションが増えるわけですから、悪いことはないでしょう。力入れるな、と自分が言うのも、次の行動に移りやすいだけでなく、不測の事態に体がサッと反応できるからですし。

 だから、こういうことを言われても、ホントかよ?と疑問に思って他のいい方法があるんじゃ?と試してみる、というのが一番理想的。とにかく、バイクは乗ってる時間で暇な時間はたくさんあるわけですから、いろいろ試してみると眠くならないし、移動がつまらない…なんて言わないで済むようになりますしね。

|

« 重力に引かれる様に、と自分よく言いますが | トップページ | さて、ブレーキの練習をしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やり方は一つではないけど、どうしてそうするかだけはよく考えましょう:

« 重力に引かれる様に、と自分よく言いますが | トップページ | さて、ブレーキの練習をしよう »