« 怖くないブレーキ、とは | トップページ | アライヘルメット »

2016年2月20日 (土)

大事なのはコーナー進入のイメージ

 そんなわけで、(仮)フルブレーキ、どうでしょう?ブレーキをしていって、コーナー入口へさしかかる少し前からブレーキを軽くリリースしていき、フロントが伸び過ぎない程度の怖くない引きずりを残してターンインにつなげていく…そのためのブレーキを開始する位置、ブレーキングポイントがだんだん設定できるようになりましたでしょうか?フルブレーキングしてた時より、かえってずっと奥までブレーキング遅らせたり出来たりね。

 これ以上強くかけられない!という縛りの限度値は違えど、一定の力でブレーキングしてる≒フルブレーキングしてる状態、この関係がわかるでしょうか?怖くないブレーキでどんどんブレーキングポイントが奥にできる感覚、そこからコーナリングへとブレーキを完全に解除せず、フォークを伸ばさずつなげていく感覚の習得こそが一番大事なわけです。

 ブレーキングポイントを探る、ターンインのために必要なブレーキリリースをしながら上手にコーナーへとつなげる感覚がわかる、ということの大切さ。フルブレーキはもうちょっと力を加えるだけのことでしかないので、最初にそちらから始めると失うものが多かったりする、という意味がちょっとでも伝わったかなぁ?まあ、もちろん、自分もその罠に落ちて10年程悩んでたクチですけどね。

 フルブレーキは路面の状況とか、タイヤのグリップ限界とか、ミスしたときのリカバーとか、考えなくてはいけないことがどんどん増えていくわけです。そもそもそれ以前の部分で悩んでいる人にとっては、これはもう無理ゲー以外の何物でもないわけですし、出来るところからパズルのピースをはめていく、というのが上達への早道ということもあるのですよ。まあ、フルブレーキング出来ると気分は良いんですけどね(遠い目)。

 

|

« 怖くないブレーキ、とは | トップページ | アライヘルメット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大事なのはコーナー進入のイメージ:

« 怖くないブレーキ、とは | トップページ | アライヘルメット »