« 散歩へ | トップページ | 操縦技量定量化 »

2016年2月 3日 (水)

ニーグリップ

 ニーグリップ、不要と言う人もいますが、自分は結構好きなタイプみたいです。SRX400に乗ってた時は、タンクが細くて結構不満を感じてましたしね。ギュッと、という人もいますが、手放し運転で走ってる時にバイクを安定させる程度に添える感じ、これが基本のニーグリップだと思います。次のアクションにすぐに移行できる態勢のためには、力を入れて挟み込むのはNGなんじゃないかなぁ?入れる方、解放する方へとすぐに対応できる態勢。

 バイクを安定させ、ライダーの位置をキープし、腰から上をフリーにするためのもの。だから、単純にギューッとニーグリップするのは百害あって一利なしになってしまうこともありますし。その辺ちゃんと教えてくれると良いんですが、理解が進んでない子にギュッとしとけ!と一つ覚えみたいに言われるのは困りますよね。必要なだけでいいし、力一杯やることに多分あまり意味は無いです。

 だいたい一番負担の大きなブレーキングでさえ、タンクを挟み込むというよりは、シートの上の荷重を減らさないように挟んだタンクを前に押すイメージ(体が前にずれない、フロントへの荷重を低い位置からかける、腰の柔軟性をキープする)ですしねぇ。何度か言ってますが、力を入れる方向のことを意識してやらない方がいいです。体が固くなりますし。身体を支えるため、必要なだけタンクを支えてやるだけ、自然に挟み込む感じです。

 ギューッとニーグリップすると、人によっては腰が伸びて体が固まりフロントフォークを腕が押しやすくなる(フロントフォークの前に付いてるハンドルを押すと、前方に回転する方向≒フォークを沈める方へ強く作用する)し、腰が路面に追従できなくなるし、スリップした時に対処(腰から上をフリーにして、ハンドルを自由にしてバイク自体に対処させる)できにくくなりますし。

 シートを真下に沈める腰を支えるためにタンクを膝で挟んで、力を真っ直ぐ前にかけるように(ステアリングヘッドの下を前に押すと、フロントフォーク一気には沈まない方向へ作用するはず)して、さらに腰から上は柔軟性を保つためにはどうすればいいか。それぞれの体格とバイクに合わせて考えてやることが大事です。

 ひじを張らないように(肩に力が入ってる場合が多い)、腕が伸びないように、ここでいつもの重力で引かれる感じも大事。ブレーキングでは肘が重力で真下に引かれて肘関節に角度が付くように。肘もシートに乗せたお尻を真下に沈めるイメージなのと同様に、バイクを真下に沈めるイメージで、加えて外乱に対処できる柔らかさを残すには、どうしましょう?と考えて。

|

« 散歩へ | トップページ | 操縦技量定量化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニーグリップ:

« 散歩へ | トップページ | 操縦技量定量化 »