« XSR900 ③ というか、蛇足 | トップページ | どうしようかね »

2016年5月10日 (火)

ローライダー

 思ってた通りに、あんなに重いのに結構走りますね。止めるのが大変そうですが、ちゃんとしたライディングポジションを用意出来たら、ライディングパーティーでサーキットを走るのも楽しそうです。ポジションが用意出来たら(大事なことなので…)。腰を痛めたので、3台目はシートが低くてまたぐ時足をあげないで済むハーレーにしました。

 しかし、どうしてこんなヘンチクリンなポジションなんでしょうね?長距離乗ると、これがしっくりくる様になるのかな?不思議が多すぎます。シートポジションは狭いし、ハンドルは近すぎるし、ステップはまたそんな中途半端な上半身にあわせて、やはりこちらも落ち着かないポジション。180センチの自分ですが、BMWと同じ様に、日本用のポジションに改良(改悪)されてるのでしょうかね、やはり。

 何より困るのが、ブレーキペダルとシフトペダルが角度が変過ぎて踏めない、動かせないこと。蹴飛ばせ、と昔言ってたのを聞いた覚えがありますが、まあ普通にスムーズに乗るのは不可能です(自分には)。NC700Sより良く曲がる気がするし、エンジンも怒涛のトルクで重い車体を軽々とスピードに乗せてくれますが、それをコントロールするのが難しいとか…。もう一度乗れ、と言われたら、即座にお断りしてしまうバイクとなってしまいました。

 というわけで、ビューエル乗ればいいじゃん?という感じですが、あちらはスモールエンジンの方ですよね?ビッグツインでサーキットを走ることに意味があるんですけどね。面白みに欠けるじゃないですか?バイクは楽しくてナンボ、というのが判断基準で価値基準なので、ちょっと世間様とは乖離し過ぎてるというのをさらに強く感じた試乗会となってしまいました。まあ、こういう評価する人が書いてるブログ、というのがわかると補正が効くだろうし、包み隠さず書いてみました。

|

« XSR900 ③ というか、蛇足 | トップページ | どうしようかね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローライダー:

« XSR900 ③ というか、蛇足 | トップページ | どうしようかね »