« 片手は非常に危険ですが、 | トップページ | 立ち乗り、追記 »

2016年6月29日 (水)

立ち乗りも前に記事があるはず…

 同じ様に、立ち乗りも近い部分がありますね。操作と、ホールドと、マシンの動きの理解、という意味で。ステップに立ちあがったままだと、NC程度の中回転域のフル加速でも、マシンをきちんとホールドすることができません。ブレーキングもリアタイヤを沈めて落ち着かせることもできず、コーナーの進入でも体重移動以外の操作は非常に危険な状態に陥りやすいですね。

 くるぶしあたりのホールド、これはマシンのフレームを挟み込んだごく普通の状態、だけれども普段あまり意識していないかもしれない部分を思い出させてくれます。まっすぐ直線を走っている時でも、土踏まずでステップに乗り、両方のくるぶしでマシンをホールドしてるのを意識して乗ってみたことあるでしょうか?自分のマシンのステップからステップの距離、マシンのスイングアームピボットあたりの幅と、マシンのコントロールにおけるステップワークというあたりに意識がいくのがわかります。

 立った状態でバンクする、それも逆操舵とか使わないで、ということになると大事なのが、このステップワークの部分です。くるぶしと外足をシートに引っ掛けるあたりしかホールド出来ない状態で、内足と外足をどう使い、上半身の置く位置をどこに取るのか、というのが肝心要の部分ですね。当然内側には入れないので、マシン的にはリーンアウト的な荷重になりますかね。 

 リーンアウトなんだけど、座った時にわかるのが、実は凄く体をインに入れないと同じ様に走れないという事実。それだけ重心位置から離れた高い位置の荷重ってのは効くんでしょうね。立った時に多分一番難しいのがリーンが落ち着く瞬間。ここがきちんと綺麗にスッと寝せることができない人は、実は相当危険な目にあう可能性が高いと思います。

|

« 片手は非常に危険ですが、 | トップページ | 立ち乗り、追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち乗りも前に記事があるはず…:

« 片手は非常に危険ですが、 | トップページ | 立ち乗り、追記 »