« ペリカンロード | トップページ | 立ち乗りも前に記事があるはず… »

2016年6月27日 (月)

片手は非常に危険ですが、

 危険だし、安易にやるのは自分にも周囲にも非常にリスキーだということを最初に書いておきます。そのうえで片手運転で山道を走ることに意義があるのか、無いのか?という問いには、ある、と答えておこうと思います。ペースなんて遅くていいんです。軽~く流す程度の速度でも、常にリスクを考える姿勢、バイクに逆らわない動きをさせようという姿勢が理解できれば。

 まあ、理解出来ない人のは曲芸乗りでしかない、というのが前提で。まず加速からしてホールドの問題、クラッチ側を持っていないからギア固定でいかなければいけない。ブレーキングでもやはりマシンホールドの問題、そして立ち上げから効かせる範囲まで、スムーズな操作が必要となります。リスク管理の観点からは、ブレーキングポイントの厳しい選択、路面状況を先まで見通した管理ブレーキの大事さも両手でホールドしてる時と比べれば段違いですし。

 ターンイン、もちろんハンドルを利用したバンクもできますが、とにかく初期旋回を大事にしなくてはならないので、自然とそれに合わせたライン取りとバイクの動きを利用したバンクが必要になります。路面の状態でもパニックにならない、コンパクトな旋回と余裕を十分にとったライン取りのために。大体逆操舵でお釣りが出るようではいけないし、バンクが落ち着くときにもスッと何事もなかったかのように静かにバイクが旋回状態に入っていなくてはいけませんし。

 バンク状態でも、体の位置、バイクのホールド、人間のリラックスとか、いろんな要素がダイレクトに反応してくるというのが、より分かりやすくなります。下半身でホールドしすぎたり、フロントが不安で前に乗ってしまうとリーンアウト傾向になる、力を抜いてみるとバイクが起きてリーンイン傾向になる、というのも非常にわかりやすい(ハンドルの押し引きが弱いから) 。まあ、そんなわけで、単純に片手で頑張ろうと思ってしまうと曲乗りにしかならないですが、バイクの動き、路面と操作、ライン取りの重要性と先読みの大事さとか、その辺の再確認的な意味合いが、自分の中では大きいんですよね。

|

« ペリカンロード | トップページ | 立ち乗りも前に記事があるはず… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片手は非常に危険ですが、:

« ペリカンロード | トップページ | 立ち乗りも前に記事があるはず… »