« さて、今回のライパのテーマは、 | トップページ | ちょっと迷い中 »

2016年7月14日 (木)

雨が盛り返してまいりました(笑)

 60%だったのが30%になったと思ってたら、今度は50%(笑)。まあ、小雨であれ、にわか雨であれ、降らないってことはないと思って用意しておくべきでしょうね。何度か書いてきましたが、自分は雨のコンディションは好きです(でした)。ここ10年以上ろくにレインコンディションの中走ってないので、でした、が正しいでしょうけど。

 ライディングパーティーでは強い雨が一度だけ。20回位参加してる気がしますが、降らないですよね。グッツィ時代のお話。しかも、カッパがその時のもののままだったりするのが怖いところで、その後開けてないんですよね…20年位。使えるのか、不安になるレベルというか、多分アウトの様な気しかしません。

 雨のライディングというと、滑る、滑るんですよね。ブレーキングだったり、バンクだったり、一番不安なところで滑るので、苦手になるのもわかりますね。でも逆に、先読みとか(路面の状態、鉄板やマンホールなどを的確に読み取っていかないといけない)、体重のかけ方(リーンアウト的に滑るの前提もありだけど、雨のリーンインはわかりやすい勉強の場)を考えるのには、なかなか良くできた状況でもあります。タイヤはきちんと面圧をかけてやらないといけない、力を抜かないと重心が高くなる、とか、わかりやすいですし。

 面圧をかけるということで、バンクしたタイヤの接地面を地面に押しつけるためには?と考えると、傾いた太いタイヤの接地面のさらに内側から接地面に向けて荷重しなければいけない、ということが重要になります(まあホントはドライも一緒です)。体の力を抜いて、やわらかくバイクに乗ることで、とっさの状況に対応しやすい状況が出来、なおかつバイクの低い位置に預けられることで、タイヤに対する重心の位置を下げる(面圧が上がり、グリップが上がる)こともできますし。

 面圧かけると一気に転びそうな気がするかもしれませんが、錯覚です。やってみればわかりますが、その方がゆっくりと滑りだすことが多くて、一気に滑るということは少ないです。もちろん、絶対ではなくて、確率の問題。オイルとか、水溜りとか外的要因も大きいですし、まあその時はどちらにしても一気にいっちゃいますけどね。ほんと、大雨とか好きで、激しい雨でも走りまわっていた、昔の自分が羨ましいです。

|

« さて、今回のライパのテーマは、 | トップページ | ちょっと迷い中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が盛り返してまいりました(笑):

« さて、今回のライパのテーマは、 | トップページ | ちょっと迷い中 »