« コーナーへ向けたフルブレーキング | トップページ | フルブレーキング③、というか、追記 »

2016年7月 3日 (日)

コーナーへ向けたフルブレーキング②

 これがなんの練習になるの…と思った人は、多分もうフルブレーキングが問題ない人。ブレーキが苦手な人は速度調整が必要になって、一定のブレーキングを維持できないのではないでしょうか?つまり、ブレーキの効きとブレーキングポイントの設定を頭で考えて、できれば考えるまでもなくできるようにする練習でしかないからですね。フロントフォークが伸びない様にする程度のブレーキと、リアブレーキだけの簡単練習ですから、いつでもできますし。

 サーキットならあそこのコーナーはどこの看板…という感じですが、いつも行ってる道は憶えるにはコーナーの数が多すぎるし、たとえそこはわかっても知らない道をうまく走れない人は、実は大きなリスクを抱えながら走っているということをハッキリと自覚すべきです。なにしろ生き残る、大きなけがをしない様にするために、こんな素人が乗り方のブログを続けている位には事態は深刻なのですから、ここは一番大事。

 というわけで、練習の結果ブレーキングポイントというのがだんだんわかってきた人は、単純なことに気がつくでしょう。「あれ、フルブレーキングしようと思うと、もっとずっと奥の方でブレーキかけられるの?」と。おそらくそれは今まで考えていたより、ずっと奥になることが多いのではないでしょうか。理解できた後は、ブレーキを強めた分奥に入っていくだけ。怖くないうえに、非常にシンプルです。

 そしてもう一つ大事なのが、というか、ブレーキングポイントよりも大事なのが、いつも言ってる“コーナー手前の調整ブレーキ”という部分がとてもよくわかったのではないでしょうか。この練習で入口で弱めていってバンクにつなげる、その一番大事なところの理解が進むことの方が大きいでしょう。サーキットでのハイグリップならともかく、公道ではこの調整区間をある程度多めにとることでリスクが大幅に減らせる、という理解まで進めるといいんですけどね。

|

« コーナーへ向けたフルブレーキング | トップページ | フルブレーキング③、というか、追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーナーへ向けたフルブレーキング②:

« コーナーへ向けたフルブレーキング | トップページ | フルブレーキング③、というか、追記 »