« ちょっと迷い中 | トップページ | 楽しもう! »

2016年7月16日 (土)

雨はソフトに?

 雨なのかなぁ?という心配で記事が増えていますが、ライパ終わるとどうせ放置だしね…。というわけで、一昨日雨なら、って話をしましたが、やはりタイヤにいかに面圧をかけるか?ってのは大事ですよね、すっぽ抜けない様に。イメージとしては逆なのかもしれないですけど、というわけで、優しくという部分も。

 晴れならば、バンクしたときにお釣りが来る様な、タイヤと路面を盲信した雑なバンクが通用しますけど、雨だとそういうわけにいかない。いかないとどうなるか?っていうと、ソフトを通り越して、恐々になってしまう。恐々だと荷重はかからない、曲がらない、挙句の果てにはタイヤやマシンのせいにしてしまう…。

 まあ、気持ちはわかりますが、普段から丁寧で正確なライディングをしておくと、こういう時にもその延長でライディング出来るわけです。だから、晴れの普段のライディングをスムーズで力を入れないで動かせるライディングにしておくことが大事なんですね。逆操舵とか、思い切り叩きつける様にバンクするとか、年をとっても下手なまま、になっちゃいます。

 というわけで、雨でもメリハリをつけたライディングは必要です。ブレーキもじわっと立ち上げるけど、(路面を掴む力をギューーーっと増やしていく感じで)かなり強くまでかける様にしますし、ターンインもバイクが倒れてバランスを取る形に出来れば、クイックにバンクします。でも、荷重はじわっとかけます(体の柔らかさと、ほんのちょっとバンクが止まるところに遅れる様にそっと体重を載せてやる、ただし晴れの様にきちんと最後まで載せる)。この「じわっと」をどう実現していくか…というあたり、ライパが雨なら試してみても、いいかしら?

|

« ちょっと迷い中 | トップページ | 楽しもう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨はソフトに?:

« ちょっと迷い中 | トップページ | 楽しもう! »