« 立ち乗りも前に記事があるはず… | トップページ | コーナーへ向けたフルブレーキング »

2016年7月 1日 (金)

立ち乗り、追記

 立ち乗りだとついついフロント、ハンドルに体重をかけるようになりやすいのですが、立ち乗りのスポーツライディング(?、そんなのないよなぁ…)では、やはりリアタイヤの荷重、フロントをフリーにするという観点から、フロントに乗っかってはいけません。なにより、そうするとちゃんとしたフロントブレーキの使用が困難になりますし。と言いつつ、いつもリア側に乗ってると、立っただけでかなりの前荷重になるので、フロントタイヤの負担大きくて怖いなぁ~とか感じたりはします。

 ステップに立ったそこを中心に、くるぶしのホールドとタンクのホールドで乗っていく。さらに言えば、膝は柔らかくしないといけないので、ちょっと中腰な感じで、ライダーにとっては慣れないと厳しい姿勢かもしれません。バンクしたときにきちんとタンクをホールドするためには、柔軟性は大事です。

 上半身も同様に、どこへ体重を荷重するのか?という、明確な目的意識がないと、とたんに破綻します。あまりインには入れられないけど、きちんとシートのイン側の角…には体が載っていないので、仮定のステップ端の位置の直立時の真上上方あたりに荷重がかかる(浮いてるので、体の位置がそこにあることで外側に荷重しないという意味)ように、ステップに荷重しないように注意しながら預けないといけません。

 ややこしい。でも、これでわかることですが、体を入れる、ということがとても理解しやすいと思います。リーンアウト傾向にならないようにするには?ということもわかりやすいですね。まあ、リスクが大きすぎるので、試す価値のない情報ではありますけれどね。こういうものは、真似してみなくても、想像すること、イメージすること自体で役に立つということも沢山あるわけですよ。だから、危険でやる必要のないことだけど、どうして、どの様に、やっているかを書くことに意味が出てくるんです…多分。

|

« 立ち乗りも前に記事があるはず… | トップページ | コーナーへ向けたフルブレーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち乗り、追記:

« 立ち乗りも前に記事があるはず… | トップページ | コーナーへ向けたフルブレーキング »