« でもまあ、やっぱりSRもちょっと気になるよね | トップページ | 古い雑誌を出してきて »

2016年8月12日 (金)

本来書きたかったことへ、戻ってみたり

 いやぁ、すっかり転倒にもっていかれてしまいましたが、今回のテーマは旋回速度、というか、進入速度を上げるだった様な気がします(遠い昔のように思い出せない…)。まあ、ちらりと書いた様に、幸運にも狙っていたラインを教えてくれる先導車のおかげで苦労せずに実現できたわけですが、もともと旋回速度を上げないためにラインを固定していた、という部分もあったので、その辺を解除したという形ともいえます。

 走ればわかる…かというと、いまいちわかりづらいと思うので、サーキットのHPからコース図を落として印刷して眺めてみるといいと思います。ライパのコース図ではちょっと小さいので。結構思ったより曲がりこんでるコーナーが多いと思います。走ってると、そんなに強く感じなかったりするかもしれませんが、開けられない、はらんじゃう、という原因ですね。

 そしてもう一つ、コーナーの入り口でコース外側が少しふくらませてあるコーナーが結構あります。この二つの複合で、なんだか曲がれそうなのに曲がり切れない、という感じになってしまうことが多いのではないでしょうかね。まあ、逆に言えば、それでも大外いっぱいからターンインするラインを取ると、コーナリングスピードを上げられない(上げたくない)、という自分の狙ってた線に行くわけですね。公道に帰ったときに危険が少ない様に…という判断も、人によっては大事です。

 というわけで、侵入のブレーキング時にちょっと縁石からインに向けてそれるとか、ターンインをちょっと寄せて少し奥へ入ってから一気にフルバンクしていく、みたいにする必要があるわけですね。速度のレンジが低ければ、今どきのSSなら外からでも普通に曲がれたりしますが、NCやボンネビルではそれでは曲がり切れません。と言いつつ、結局進入スピードを上げたことで、今回クラッシュしたんですから、やはりなにごともほどほどがよろしいようで…。

|

« でもまあ、やっぱりSRもちょっと気になるよね | トップページ | 古い雑誌を出してきて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本来書きたかったことへ、戻ってみたり:

« でもまあ、やっぱりSRもちょっと気になるよね | トップページ | 古い雑誌を出してきて »