« イメージとしては… | トップページ | カタログ請求 »

2016年9月 9日 (金)

NC × ビモータ・テージ(bimota tesi) = ?

 ビモータのテージ、今のは乗ったことないんですが、昔の(那須のライパで試乗した400)はハンドリングがなかなかに難しかった記憶があります。400で、パワーが無かったから余計に、なのかもしれませんけど。上の気筒を外して、エンジンも低くしたらどうなんだろう?重心位置とバンク時のバイクの動きが噛み合ってない気がする…という疑問への回答は、NCのエンジンを積んでみるとわかるかもしれませんね。

 ライダーがタイヤのグリップとか気にせずに、スリップダウン上等で内側に入り込んでやるのが良さそう…とは思いましたが、さすがに300万円超えのバイクを転がす勇気(と、資金力)があるはずもなく。フロントもリアと同じスイングアーム、スイングアームなりの動きと、感覚を切り替える必要のあるステアを…と思うと、上から倒れてくるエンジンの軌跡と、バイクが倒れていく軌跡、タイヤの内向がかみ合わないような雰囲気が…。

 まあ、高いバイクを怖々乗ってたから、というのが本当の理由でしょうけどね。レースでも使われてた位だし。自分は興味本位で言ってるだけですが、フロントのスイングアーム取り付けにエンジンが邪魔になるという致命的な欠点があって実現不能だから余計に好き勝手なこと言える、ってこともありますね。しかし、転がしてもいい状態で、一日フルに乗ってみたいバイクではありますよね、テージ。BMWのフラットツイン…とその時は思いましたが、実際買って乗ってみるとフラットツインは結構イメージと違っていて。

 こういう妄想をさせるエンジンというのも、やはりヤマハのジェネシスよりも、ずっとヘンテコリンなせいでしょうね。それでも多少のスポーツライディングを許容する、というよりも、積極的に使うと今までとは違う感覚が楽しめるというのがいいところで。ドコドコ感たっぷりなバランサー外したエンジン(デビュー時の雑誌を見ると、外したというのがよくわかったので)とか、今までだったらありえないホンダ、というのもいいですよね。だから自分はとても欲しかったんだし(ホンダのチャレンジを試したくて、試乗もせずに買った位)。

 ロール軸より上のエンジン重量物がないNCのハンドリングは、ハンドルでバランスを崩して上部の重さを利用して…という乗り方では反力を生むだけで上手くいかないですが、そのエンジンのバイクをスパッと倒せる様になると、スイングアーム的フロントとの相性が良さそうなんじゃないかな?低重心でバンク状態でのフロントタイヤの安心感が大きめのバランスは、なおさらテージに…と思っちゃいますが、まあ、現実はそんなに甘くない、というのが普通ではあります。楽しくも儚い、昼間見る夢ですね。

|

« イメージとしては… | トップページ | カタログ請求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NC × ビモータ・テージ(bimota tesi) = ?:

« イメージとしては… | トップページ | カタログ請求 »