« ホールドしないっす | トップページ | キックにも慣れてきたかな »

2016年11月21日 (月)

NOLAN X-802R 到着

 型落ちモデルの、長期在庫品です。ですが、38,000円だし…。NOLANを初めて見たのは、80年代からバイク雑誌見てる人ならコーク・バリントンでしょうね。カワサキワークスのKR。そしてN33のシャープな形が印象的なのが、チャンピオンを取った翌年のスズキのウンチーニ。前年までのギブリの雰囲気も好きなんですが、ウンチーニによればギブリは家庭内工業製品並み…とのことでしたから、やめちゃったんでしょうね。

 時は流れて、近年になって印象深いのは、ペドロサがあまりにシールド曇るので、シーズン途中にアライに変更したというマイナスイメージ。しかしN94はともかく、その後の曇り対策はかなり真剣だったみたいで、ピンロックは…というのは公式HPでよくご確認下さい。まあ、今の製品に問題はないでしょう、ということで。

 新しいヘルメット、それも使ったことのないメーカー(前回が30年前ではそう言っていいでしょう)が届くと箱を開けるまででもドキドキしますね。問題ないことを祈りながら、箱を開けるのは、楽しみと不安がないまぜになった複雑な心境。イタリアンカラーの箱は、わりと地味な国産メーカーと違ってカラフルですね。

Nolan 探すとむやみに安いXXLが見つかりますので、そちらにするかで相当悩みましたが、ちょっとタイトでもレーシングヘルメット!ということでXLに。昭栄のL 、アライのXLとLの中間位のイメージでしょうかね。OGKもL程度。つまり、自分にとっては各社よりちょっと小さめ。インナーかぶってもちょっと緩く感じる部分もあるXXL(試着はしたことある、というか、したことないヘルメットは買えない)よりは、と。顎が出るのはどのメーカーも一緒(頭の形が悪い)なので、気にしたら負け…。

 あ、記事が多すぎて後で書くことがが無くなりそうなので、詳細は12月半ばからの記事に回します。

|

« ホールドしないっす | トップページ | キックにも慣れてきたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOLAN X-802R 到着:

« ホールドしないっす | トップページ | キックにも慣れてきたかな »