« やはりスティルマーティン | トップページ | NOLAN X-802R ② »

2016年12月14日 (水)

NOLAN X-802R ①

 では、改めまして。ネット上でも記事が少なくて、選択するのに過去の試着の記憶頼りだったのもありましたので、出来るだけ詳しく紹介してみたいと思います。別に何かもらってるわけでもないので、ダメはダメで書きますね。というわけで、今回購入したのはノーラン、X-Liteとモノは一緒です。X-802Rですから、RRになった新型がある、型落ちモデルということになりますね。ちなみにノーランがポリカ中心の下位ブランドで、X-Lite が高級ブランドという位置付けみたいです。

20136 製造は2013年。ロレンソモデルは2013年までの製造ですが、まだ在庫が潤沢ということで、802Rの場合は、製造年の古いものも当然普通に出回っています。長く使うと加水分解が怖いところですが、帽体や緩衝材は、使わなければそれほど傷むことがないので、まあ、自分はあまり気になりません。気にする人は最新モデルを選ぶべきでしょう。

Nln ノーランが欲しかったので、当然このロゴでなければならないわけです。X-Liteはアライの様な楕円形のマークですし、わりとありがちで地味ですしね。80年代のN33(N34) 、N42を使ってた世代は、かろうじて現役でしょうが、当時使ってた人は、なかなか当時使ってみての印象的に使いたくない…と思う人も多いかもしれませんね。自分は変わったの好きですし、シールドの硬化処理がパリパリ剥がれても使ってた位気に入ってたから問題なしです。

Noln シールド開けた時に見えるロゴもちゃんとノーランに変えてあって、X-Liteでないってのが、おしゃれなイタリアンな感じでしょうかね。箱もきれいなイタリアンカラーですし、あれ?当時の箱は黒に白抜き文字だった気がするけど、よく覚えてないなぁ。当時は販売店も少なく、通販で買った記憶があります。送料が高くて、現金書留でお金送るというのは面倒でしたね。今はいい時代です。

 箱は横に倒しにした状態で持つように取っ手が付いてるタイプで、きちんとロックされる感じではないので、移動中に落下するんじゃ…と心配しましたが、中身を確認しても問題ないようで一安心。きちんと新品でしたが、よく見たら赤いカラーリングが蛍光色…。これは色あせるのが早いから、だんだん赤は薄くなるでしょうね。

|

« やはりスティルマーティン | トップページ | NOLAN X-802R ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOLAN X-802R ①:

« やはりスティルマーティン | トップページ | NOLAN X-802R ② »