« 足りない部分は、やはりエンジンが中心 | トップページ | ノーランファン? »

2016年12月 8日 (木)

未来は見えるか?

 先日のモーターショーを見てても感じましたが、実際はどうかは知りませんが、世界的に若年層の取り込みが課題というのが鮮明になってきた様な?特に小排気量で力を入れたモデルが結構多いですよね。KTMなんかの、安くて軽くてヒャッハー!って楽しいのは、(壊れなければ)かなり魅力的ですしね。

 まあ、欧米より日本の高齢化の深刻さが問題ですよね。時給580円とかの自分たちがガキだった時代、スクーターは新車でも7万もあれば型落ちが買えたけど、時給800円の今、当時はなかった年に数万円も払うスマホ標準装備である若者が自由になるお金、変っていないというより減ってないですか…。

 スクーターは型落ち新車が13万位?単純に考えても倍の値段になっています。任意保険も当時より高いし、部品から消耗品、値段上がってますもんねぇ。入口が非常に狭くなってる(雰囲気的には当時の三分の一?)のを感じます。その中でもバイクに乗ろうって人を大事にしたいですけど、バイク屋さん自体にあまり熱を感じなくなっていますし…。

 とはいえ、ネットの普及で昔よりは玉石混交という状態ではなくなり、良さそうなお店もわかりやすくなって、そして普通のお店は逆にそれによって大幅に減ったりしてたりもありますが、悪い店に引っかかるということも減ってはいるんでしょうね(原付で騙された人感)。まあ一番日本でダメなのは、まったくバイクを停める場所がない、ということでしょうけどね。ちょっとお買い物、と思っても、バイクの駐車場はありません、あっちの遠くに停めてくださいとか言われますしね…。

|

« 足りない部分は、やはりエンジンが中心 | トップページ | ノーランファン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来は見えるか?:

« 足りない部分は、やはりエンジンが中心 | トップページ | ノーランファン? »