« 未来は見えるか? | トップページ | ハンドリングは、 »

2016年12月 9日 (金)

ノーランファン?

 調べてみたら、ノーランヘルメットって、1970年初頭からなんですね。コーク・バリントンがかぶってたのはわりと初期のころのもの、という感じなのかなぁ?自分が強く意識したのはウンチーニの1982年シーズンからですね。Navaと比べても、あのとんがった感、そしてカラーリングもあって、凄く新しい感じがしましたね。

Cycznjbveaelw5x そういうのもあってN42を購入したのですが、記憶が30年前なのであいまいですが、ベロア調の内装(当時のラパイドもそういうので、汗をかくと結構べったりした感じに…)と、ワンタッチバックル式の顎紐のヘルメットは、インテークなベンチレーションの無い、口元の排気だけのヘルメットでしたね~。シールドクリックは小さい金属のボールをスプリングで押し付ける形じゃなかったっけかなぁ?

 調べてみたら、購入したのは1986年みたい?。シールドはハードコートしてありましたが、そのコーティングが薄氷が剥がれる様にぺリぺりと端の方から剥がれてきたリ、初めての事故(車を避けて自爆)を経験したりでダメにしてしまいました。重かったアライから、重量はそれほど軽いというわけでもないのに、かぶった感じが軽いノーランは気に入っていたのですよね。

Cyczmlwuqaaym65 しかし、初期ロットだけで輸入は終了してしまったのか、その後買い替えようにもモノが無い(廉価版のN34は残ってた)という状態で…。そんな一つしか使っていない自分をノランファンと言っていいのかわかりませんが、新規輸入が始まったのを喜びながら注目はしていました。イベントで見かけたときはとりあえず試着だけはきっちりさせてもらいましたし。ちょっと価格帯が上過ぎてなかなか手が出ませんでしたが、今回めでたく。

 そういうわけで、やはり表記名はノーランじゃなくてはいけなかったんですね。ただ、新しいのもなかなか在庫がはけない感じなのがちょっと心配で。値段の維持も大事でしょうが、高額で古いのが来ちゃったら、古いの敬遠しがちな日本人は次は買ってくれないような気もして、心配しています。世界最高峰のアライ、SHOEIが手ごろな価格で手に入りますし、やはり海外モノは定着しづらいですよねぇ…(ストーナー、ロレンソ以降がいないのも痛いね)。

|

« 未来は見えるか? | トップページ | ハンドリングは、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーランファン?:

« 未来は見えるか? | トップページ | ハンドリングは、 »