« ブレーキをかけるにはレバーと | トップページ | 調整が終われば、 »

2017年1月 7日 (土)

リアブレーキの調整が

 前回のブレーキレバーで、レバーの調整が姿勢にも…ということを書きましたが、単純に考えれば、リアブレーキレバーも上げた方が後ろに…ということになるのですが、まあそこが難しいところで。自分の様に足首が固い人とか、背の低くて前の方に座らないといけない人などは、高い位置はNGです。

 とはいえ、全てに個人差があるんですから、その中で自分が使いやすく、かつ操作に有利な位置を探っていくのがよいでしょう。当然シフトペダルの位置も同様です。自分の場合は、一番リラックスできる角度にシフトペダルの位置を合わせ(つま先の高さと同じ高さにしてる)、ちょっと持ち上げて上に足を乗せられるようにしています。

 そしてブレーキペダルがそれより少し上、思い切り踏み込んでシフトペダルを踏み込んだ位置位かなぁ?この辺はあまり深く考えたことないですね。とにかく、足首を力を入れて持ち上げる必要のない位置にしています。無理に持ち上げると、全身に力が入るだけでなく、ブレーキの繊細な操作が難しくなるからです。ギュッと踏みやすくなっちゃう。

 下げすぎるとフルバンクしたときに路面に擦る?そんなにバンクしないから大丈夫です。ここ20年でも、ボンネビル以外のバイクでステップやスタンドが接地したことないですしね。ホビーライダーとしては、転倒のリスクの高くなる深いバンク角はご法度ですし。というあたりで、やはりノーマルそのままだと操作系は無理ですね。必ず調整が必要になるはずです。

|

« ブレーキをかけるにはレバーと | トップページ | 調整が終われば、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアブレーキの調整が:

« ブレーキをかけるにはレバーと | トップページ | 調整が終われば、 »