« リアブレーキの調整が | トップページ | 寒いですね »

2017年1月 8日 (日)

調整が終われば、

 フロントブレーキは引き寄せるような操作ができて、ブレーキを引きずりながらも右手はターンインに向けてちょうど良い角度になり、アクセル開度の大きなグッツィなどでは持ち替えが必要になりますが、普通のバイクなら全開でも大きな問題の出ない角度で収まるのではないでしょうか?

 リアブレーキはリリースした後に右コーナーならスッと後方に引いてステップにつま先を乗せやすく、いざという時にも足に力が入って体が固まらずに、パッと戻せる位置にある、と。ステップワークは大事ですから、自由度の高いポジションの確保は必要です。滑らせる様にではなくて、実際には一度持ち上げる(ステップをフリーにしてやる…というか、内足を全体をフリーにしてやる意識かもしれません)感じではありますけどね。

 ブレーキを握りこんだり、ブレーキを踏みっぱなしだったり、力が入る方向のコントロールはご法度です。足首をよっこいしょと持ち上げるようなペダルの踏み変えも悪影響です。なによりこれらは、そこからのコーナーへ向けてリラックスして力を抜く操作ができなくなります。つまり、コーナーが難しくなります。という右コーナーの苦手意識の一部の原因だろう点、でした。

 足をステップから離すのは、シートに体重をしっかり乗せる、フロントに乗っからないという意味でも有効です。GPライダーの様に足を放さなくても、一般車の場合は十分な効果が得られるでしょう。ステップワーク、歩くように踏み変えるというのは、とても大事なんですよね。ちゃんと意味のある行動なので、きちんと意識して起こっている事象を観察、理解することが重要です。

|

« リアブレーキの調整が | トップページ | 寒いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調整が終われば、:

« リアブレーキの調整が | トップページ | 寒いですね »