« agvって凄いよね | トップページ | 買う人いるんだなぁ »

2017年1月 4日 (水)

ブレーキリリース 下

 ブレーキングの練習では、どのようにコントロールするのか?イメージをつかむための練習では、最初だけフルブレーキしたら、あとはどんどん抜いていってしまいましょう。抜きすぎるとフロントが伸びすぎちゃうので、とりあえずフロントタイヤが路面を掴んでる感じ位はブレーキを残しましょう。前回の、小指の方から圧力をちょっと逃がすような感じを感じながら。

 コーナーの進入で抜きすぎない位置をキープできる様に、最初だけフルブレーキをして、コーナーの進入に備えて「さて、ターンインの体制に入ってくよ」というあたりでその状態になる様なイメージで、どんどん抜いちゃいましょう。そんなに前でブレーキ抜いちゃったら、フルブレーキじゃないじゃん!という人、自分が今年のライパでブレーキをいたわりながらそっと走ったところで、半数以上の人がずっと甘いブレーキしか出来ていませんでした(緑クラス…効かないボニーで走った黄色もそんな変わらない)よ?。

 結局安心感が先行すれば、ブレーキをかける位置どりがきちんとできるようになるだけで、かなり深いブレーキングができる様になったりするのです。いったんブレーキ離してアクセル開けるとか、思ったよりスピード落ち過ぎてなんとなくダラダラとしたブレーキになってしまう、という人は、この辺をきちんと考えるのが良いと思います。一歩下がって、10歩くらい進めます。

 フルブレーキングが怖くない最初だけ強くかけて、どんどん抜いてくことで、固くなりがちな身体の力が抜けたり、フロントタイヤを気にするプレッシャーから解放されたり、なにより冷静にブレーキング・ターンインポイントを考えることができる気持ちの余裕ができるというのが大きいですね。そこが理解できてから詰めていくのは、実は結構簡単です。でも、きちんと最初のところを理解できないと、いつまでたってもそこで先に進めなくなってしまう、というのお忘れなく。

|

« agvって凄いよね | トップページ | 買う人いるんだなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキリリース 下:

« agvって凄いよね | トップページ | 買う人いるんだなぁ »