« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

826ベンティッドジャケット

 こちらも問題なく動きやすく、プロテクションもほぼ体系に合っていて、そして寒いですね。タンクのある下より風が直接当たるからしょうがないでしょうけど、インナーに薄手のシャツ2枚着てましたが、フリースみたいなの着れば、風も通りにくくなって暖かいかもしれません。まあ、今回はお試しということで、上に防風のためのジャケットも着てませんでしたし。

 肘、肩のプロテクションは、昔に比べるとカバーする範囲が微妙に狭い様な気もしますが(90年代のタイチさんは、動きづらくても可動範囲が狭く大きいパッドが必要、だったはず)、必要十分程度ではありますね。こちらは特に変更の必要は感じません。別体式の脊椎パッドを背負って、チェストプロテクターを付けて、うむ、下に2枚着てるとちょっとパンパンな雰囲気がある様な、ない様な。

 袖の太さは思ってたほど気にならない感じかな。海外の炎天下では、汗で動きにくかったりしなさそうですし、少し涼しいでしょう。ツナギメーカーによっては、結構袖を太めにつくるところもありますし、動きやすさとプロテクションの妥協点ということでは、アクティブかパッシブかのセーフティーに関する判断はそれぞれなのでしょう。ヘルメットでも固いのと、吸収するのとありますしね。

 プロテクション効果は試してみるわけにもいかず…。まあ、MFJモデルから、ソフト連結のセパレート式に戻ると、胴長の人としてはすごく楽です。肩が凝らないし、動きやすい。というわけで、ちゃんとしたサーキット走行会では使えませんが(MFJ公認じゃないので)、ライディングパーティーにはちょうどいいですねぇ~。良いんだけど、行けるかなぁ~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

エイペックスパンツ

 これも時間たっちゃいましたが、RSタイチの、メッシュ生地を大胆に使ったレザーパンツですが、結果から言うと、思ったよりは寒さを感じませんでした。とはいえ、ガソリン入れに行っただけなんですが、暖房が必要な寒さではありましたから、10キロ程度とはいえ、思ったほど寒くなくて良かった…、と思いましたが、逆に考えると夏は思ったほど涼しくない、ということかもしれません。

 まあ、おなかの弱い自分にとっては、寒くない方が大事なので、夏はおまけ程度で十分なんですけどね。ガソリンタンク程度でも、風除けになってくれているのかもしれません。なにしろ、インナーの付いてるジャケットの方は、結構胸がスース―してましたからね。メーターバイザーでも付いてるだけでも違うかなぁ?

 まあ、ガソリン入れに行っただけなので、腰を落として走るなどということもほぼ無く、ちょっと試した程度では、動きやすくていいね!という感じではありました。やはり革の部分が少ない分、伸びてくれるので動きやすいし、軽く感じますね。シートやタンクのグリップ感も問題なく。

 ちょっと弱いスポンジだけの腰の脇にべリックから外したECパッドを入れていましたが、ちょっと下すぎた様なので、帰ってきてから微調整。ハイサイド、スリップダウン、どちらの時も結構強く打ちつけましたから、ここは追加のセミハードパッド必須という感じでしょうか。膝は立ってる時はちょっと革がたるんでカッコ悪いのですが、乗ってしまうとそんなこともない様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

全開、全開!

 しばらく前になっちゃいましたが、連休では高速道路を走ってきましたが、じわっと開けるとついてこない。やはりここは何も考えずにアクセルをフルオープンするのが正解みたいですね。パワー感が違います。コントロール?そんなの不要なんですよ。偉い人にはわからんのです。まあ、あり得ないほどよく言えば今の電子制御のモトGPマシンみたい(わ~い)でしょうかね。

 実際に乗ってると、軽自動車感覚、またはスクーター感覚と言った方が正確かもしれませんけどね。アクセルワイドオープンが多いと手首が疲れます。NC700が強制開閉式と負圧式の中間の感じだったのは、トルクの立ち上がりが凄く良かったからでしょうね。それで唐突なところも無く、非常に良いバイクでした。

 SR400は、完全に負圧式のキャブの感覚で。ガバ開けって好きじゃない(FCR乗ってた時の癖で)ので、いまだにちょっと苦手です。でも、今回思い切ってガバッと開けて回転が追い付いてくるのを待っていると、回転を合わせる様に開けるより、かなりパワフルな印象です。繊細さがない、というのは、まあ400の単気筒だし、しょうがないですね。

 エンジンは細かい振動はかなり出ますが、7000回転(レッドゾーン入り口)でも普通に使える感じです。不安になる様な振動、不快な振動はあまり感じません。スムーズに吹けるのはいいんですが、さらに排気音が大きくなってきた気がして、そこは不安ですね。車検通らない様では困りますしね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

ジャケットは、こういう風にしたいなぁ

Image4 環境的に、近くにRSタイチさんがあるわけでもなく、予算も枯渇どころかマイナス方向へ触れてる現状では無理ですが、こんな風な(雑ですが)黄色のパッチを2枚貼りたいですねぇ、いつか予算が出来る日があれば(いや、来ない)。

 正面側にニケのマークとロゴも入れたりして、回顧風なイメージにはなってしまいますが、人間も相当古いですし、バイクも70年代から基本が変わらないですし、古くたっていいじゃない?と思うのですよね。それに、こういうのは本当に単純に自分の好みの問題ですしね。

 パンツは、普段使いには何もない方が本当は良いのですが、裾の当たりにスティルマーティンの鳥?のマークだけ付けるのもいいかもしれません。ブーツ履くとスティルマーティンの文字が裾の下にでてくるので、パンツのその上の部分に白い鳥?のマークを入れて。まあ、考えてるのが楽しい系のことで。

 ワンポイントの欲しい胸にヘルメットメーカーも入れたいんですが、Nolanかアライかって言ったら、やっぱりアライになっちゃうのかなぁ。ニケマークが入れば、いらないかもしれませんけどね。後は、袖に…って、どんだけお金がかかると思ってるんですかぁ~~!(そもそもワッペンを持っていないというのを忘れてないですかね…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

さて、とりあえず山を真剣に走った感じは、

 さて連休前の話ですが、とりあえず真剣に走った結果、フロントサスは問題無し、タイヤも問題無し、リアサスが抜けてるのは大問題で、フレームは困ることは無かったと。ブレーキもフルブレーキ自体ほとんど使わないので、強化は全く必要ない気がします(やるならコントロール性アップのリアディスク化一択)。もちろん、サーキット、特にもてぎはストップアンドゴーなので、そういう時にはもうちょっと欲しくなるかもしれませんけど。

 エンジンは温まってしまえば、特に問題も異音も無くスムーズに上まで吹け上がってくれますし、マフラーの音が大きくなった分、ちょっとだけパワフルになった気がします。シフトもゾイルのおかげでスコッとスムーズに入りますし、いざという時にはクラッチ無くてもショック無く(全開とかでない場合ね)入るようになりました。

 回し続けるので、ちょっとあちこちから油染みができる程度の漏れが出てきましたが、グッツィ…は問題外的に漏れるからあれですが、ボンネビルほども漏れないので、まあ、気のせい程度という認識ですかね、自分的には。フレームは、特に問題を感じることが無いのは、感覚の鈍さのせいかもしれないですが、よれとかわからないです。タイヤもスタンダードですしね。

 ようやくシートの落ち着くところがわかってきた感じで、腰はお尻半分位の移動が一番良さそうな感じですかね。この辺はセッティング次第でしょうけど、細いタイヤだと、この辺で正解だとおもいまする。ステップがちょっと遠いのはNCと一緒ですが、あちらがつま先にならないと不安だったのに対して、こっちはギリギリ土踏まず、って感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

戦略的撤退

 で、宇都宮の洋品店へ寄りたかったのですが、北へ向かう4号は、東京方面へ行くのに比べても混んでいて、ノロノロとしか動かない。しょうがないので、水戸へ帰ってこの日までの南海部品水戸店の閉店セールをのぞいてみることにしました。他の決算セールの方が魅力的、というあたりが微妙な感じですが、合うものがあれば、と。

 結局、欲しいものは元の値段でしたし、ボロボロのウインターグローブの更新を…と思って、サイズの大きいのをとっかえひっかえしてサイズ確認しましたが、やはりRSタイチでは3XLを使っている自分ですから、合うものは無いですね…。ほんと、困ります。生産量が少ないので、特殊サイズだけで安くなることもすくないですし。

 ゴールドウィンのOの二つだけが、今使ってるのよりはちょっと余裕があるかも…という感じでしたので、店内をウロウロしながら悩んでいたのですが、結局妥協しても後で後悔しそうですし、今回はあきらめました。後で、というのは、4月に移転開店するライコランド水戸のオープンセール、ですね。

 というわけで、XOがあったら迷わず買っていたと思いますが、今回は収穫無し。ついでに、と回った那珂市のドライバーズのフェイクレザーのジャケットとか、インナーとかの方が、グッと惹かれました。半額とか、40%引きとか。でも、ここでワゴンのインナー買ったばかりだし、フェイクじゃないレザーのメッシュジャケット持ってたわ…ということで、ここもパス。今回は限りある資金をキープできました。4月のライコ、安いかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

AAAさん、のぞいてみました

 オレンジブルバードさんへはたどり着けなかったのですが、戦略的撤退中(宇都宮の用品店を回って帰ろうと思ってた)にあったAAAさんに立ち寄ってみました。地図アプリで間違いないのを確認してから(まあ、雑誌で見たバイクも置いてありますしね)看板も無いし、ちょっと敷居が高い感バリバリでしたが、思い切って駐車場へ。店頭の写真を撮ってナウしてたら、お店の若い方に声をかけて頂きました。

 せっかく来てくれたんだから、試乗でも…という、本当にありがたい言葉をいただきましたが、なにしろ前の通りが大渋滞で両側のろのろ運転。ご厚意に感謝しつつ、これではね、ということであきらめました。ええ~、モッタイナイ…。そのあとちょっと店主さんとお話をして、お邪魔してスミマセンと帰ってきました。

 想像以上に尖がったお店で、最高のモノ、妥協のないものを欲する人には凄く良いお店でしょう。現状の自分の立ち位置では、逆になかなか敷居の高いお店でしたね。スタンダードルック、あるものを上手く利用して、というスタンスだしね。グッツィの頃の自分がSRに乗ってたら、とても喜んだかもしれませんね。うん、好きそう。

 デモ車?もカッコ良く、うーん、こういうのを見ると「良いなぁ~」と思っちゃいますね。まあ、出来ないですけどね。色々話を聞かせてもらって、なんかちょっとでも買うものがあれば…と思い聞いてみましたが、「うちはそんな店じゃない」と言われて意気消沈。まあ、気持ちはすごく良くわかるんですけどね。お話によると35年ということです、凄いですねぇ、SR界隈のお店は。

 こう、どうするのが良いのか?というのが凄くハッキリしてるお店なので、それにバッチリ合う方にはすごく良いお店だけど、ルックス重視とか、ここはこの程度でいいか~と適当に妥協していきたい人には不向きかもしれないですね。確かに良いものを買わないと、後でまたやり直しになることもあるし、ある意味親切なわけですが…、伝わらない人も多いでしょうね。使える腕があって、バイクのことも理解して、それなりの予算を使える人…。東京なら結構いるんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

残念ですが…

 日曜日は結局、オレンジブルバードさんへはたどり着けませんでした。5時間弱の睡眠で、なんとか9時前に家を出ることはできたのですが、渋滞に次ぐ渋滞。そのうえ、東京に近づけばさらに渋滞…。事故渋滞と自然渋滞2の3つ渋滞か、4つの自然渋滞か…。ええい、どちらも選べるかい!ということで、戦略的撤退でございました。連休はダメですね。

 残念。でも、4号を北に向かってそこから東に向かえば空いてるかな?(常磐道は下りが非常に混雑してたので)と思って4号を北上してたら、反対車線にカッコイイSRの置いてあるお店を発見。地図で見てみると、AAAさんだと。え、あの有名なAAAさんって、こんなとこにあったんですね。看板も無いし、すごい色の建物だけど…と思いましたが、ちょっとこわごわと立ち寄ってみましたよ。

 まあ、以下はコメント欄に書いた感じでしたが、もう少し整理して後で書いてみようかな。結局、4号も大渋滞、しょうがないのであきらめて常磐道へ戻ったら、今度はそんなにひどくは混んでない。というわけで、うろうろしただけで7時間走っただけでした~、と言うしかないところでしたが、AAAさんに救われました。

 お話したり、ちょっとコーヒーをごちそうになったりしてしまったので、何か買うものでもあれば…と思ったのですが、「そんな店じゃない。」と言われてしまいまして、なにも残せず帰ってきてしまったのが申し訳ないところ。こんなマジでガチなお店だと知ってたら、申し訳ないのでチラ見だけして帰りましたのに。今年35年だそうで、なかなかの老舗なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の中にて

 うーん、どうしてこんなことになってしまったんでしょね?ということで、山の中を走りながら、ちょっと考えてしまいましたよ。すれ違うライダーさん達、固い上体が背筋を伸ばすように起きた感じで、上半身を入れる様にして走ってる人がちょっと多すぎて。時間帯的にも慣れない人の多い時間だったのかもしれませんが、国産の凄いSSとか、まあ、曲がるでしょうけど…。

 なにより、フロントタイヤの負担がとても大きくなります。いくら今どきのスポーツタイヤがべったりグリップするとは言っても、ウエットパッチが残る(細く流れてるところもある)路面、荒れて穴が空いたり、砂利が出てしまっている路面状況で、タイヤのグリップ頼みで突っ込んでいけるというのは、逆にすごい勇気があるなぁ~と感心してしまいます。

 体を起こすことで前の方に乗ってるし、体が固いので荷重が抜けやすく、リアのトラクションも得られない。それで荒れた路面でアクセル開けたら、運が悪ければずるっと(で済めばいい方…ハイサイドが怖い)…。中には状態がターンインでグイッと内側を向くようにしてる人もいたりして…そんなにバイクから離れて、怖くないんですかね?

 自分はマシンの中心にいて、リアタイヤのグリップ感(ターンイン時の旋回の起点と脱出時のトラクションの中心)が感じられ、何かあった時にハンドル、というかマシンの中心にいないとコントロールできない…と不安になってしまうのですが。みんなフロントに乗りすぎだし、気を取られすぎですよ。それが逆に、フロントの限界を低くして、状況への対応を遅らせる、させないことになってるということを理解しましょうよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

連休は…

 日月と2連休なのですが、家族に一人取り残されてやることなし。HMSの中級に行っちゃおうと思って家族に宣言までしたのに、花粉症が悪化してきて中止。8の字中にくしゃみが止まらないとか、涙が止まらないとか、どう見ても自分だけでなく、周りの人も危険ですしね。しょうがないので一日は本でも読んで映画を観るとして、もう一日はバイクに乗ってきましょうかね。

 日曜日に東京方面まで、都心を越えて大学時代お世話になった小田急線沿線の狛江、オレンジブルバードさんをちょっとのぞきにいってみようかな?朝、間違って起きられたら、とか考えています。SRラヴァ―というわけでもないので、非常に敷居は高いわけですが、80年代から見ていたお店だし、わりと好きなタイプのカスタムも多いので見学だけでも、と。

 なにしろカスタムする予算が無いですし、なによりスタンダードルックが好きな自分としては、あまりが良そうに手を入れたくない。となると、わざわざ出かけても…という気もするのですが、なにもしないと、自分本当に何もしないで家にいますからね。少しでも予定を立てておかないと、せっかくのお休みはお休みした、で終わります。

 できればせっかくだから、BOLTのCスペックの試乗も…とも思いましたが、絶対に買わないお店でただ「乗せて~」とは言えないんですよね。メーカーの人は気軽に、とは言いますけど。お店のバイク、ですしね。そんなわけで、東京方面にバイクで行く、というレアな体験を出来るかなぁ?出来ないだろうなぁ…(多分起きると昼過ぎ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

SWMが当たる(一台)

https://www.rental819.com/event/1703_01/swm-detail.php

 例によって例のごとく、当たらないとわかっていても応募してしまう、悲しい性…。というわけで、比較対象のSR400乗ってますし、当たったらもてぎのライパへコチラで行けるぞ!と喜んで応募してみました。レンタルバイク屋さんのキャンペーンですね。SWM自体はMVアグスタジャパンが入れてましたよね?あ、元ハスクバーナなんですね、これって。そう聞くと急にイメージが良くなりますが、戦略…。

 車両自体は、SRより軽くてパワフルな、現代調のマシンという感じで、日本ではちょっと受けが悪そうな気がします。スズキのグースとか考えても、これを買うのは年配の方でしょうから、あまり好きでないタイプの様な気がしないでも。カスタムするにしても、一番大事なのは燃料タンクですが(燃料噴射は特に、変更しづらいし)、ここの造形がクラシック傾向を許さないですし。タンク一つでイメージがガラッと変わりそうで、もったいないですね(名前といい)。

 日本人はシングルには懐古調、もしくはSRXの様な、モダンクラシックな滑らかな造形が好きなんじゃないでしょうかね?そうじゃない…という人は、まあ過去のシングルバイクの売りあげからいって、相当限られるようなきがします。よく見ると、昔のLTD(スポーツバイクをアメリカンにした、懐かしい和製アメリカン)系の香りもするので、やはりタンクの形状がイメージ的に…。

 と、ネガティブな発言でマイナスを稼いでますが、まあ当選者は東京か神奈川の方(関西首都圏)でしょうしね。当たらないと思えば気楽なもんです。なにか手紙とか来ても、SR400の新車買ったばかりですから、10年後に考えます、と言えばいいし。でも、SRが意外ときれいにエンジン回るので(パワーが出るとは言ってない)、ちょっと最新のシングルとの比較はしてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

X-802R ブラックマンバ

  XLですが、50%まできましたね。2013年製造は確定だと思う(契約の関係から)ので、そういうの嫌な方はご注意ください。国産より小さい、視界が狭い、やはり試着しないでの購入は危険だと思います。

 さて、自分はもてぎにノーランで行くか、アライで行くか悩んでますが、どうしましょうね(まだ行けるとは決まっていない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ちょっと山まで

 花粉はひどいですが、4時間ほど時間が出来てしまったので、山の方へと行ってきました。いやぁ、山の方は結構寒いし、ウエットパッチなんかが結構あって、路面もひどく荒れてたりして、なかなか怖かったですが、久しぶりに真面目に走ってみました。とはいえ、危ない4輪車がいっぱいいて(平気でセンター割ってくる…バイクだとそのまま避けないとか…)、下手糞だなぁ~と笑いながら。

 まあ、高級車系は下手糞多いですよね、基本的に。ポルシェは昔知ってた方々は上手でクレバーな運転する人が多かったのですが…最近は下品な運転が多いです…。それだけ電子制御で、下手でも乗れるようになった、という事かもしれないですね。ああ、バイクの人も他人事じゃないですけれど。

 というわけで、サスペンションはしょうがないので、イニシャルプリロードをもう一段締めて。寝たまま旋回、という時にはフラフラと不安定ですが、一発向き変えなら問題ないですね。しばらくこれで様子見しましょう。タイヤのエアは指定の値ぴったりにして。0.3位減ってましたが、この位でも結構違いますね。シャキッとした気がします。

 エンジンは丁寧?な慣らしのおかげか、なかなかスムーズに上まで伸びていくんですが、中回転まで落としてしまうと、なかなか回転が上がらないですね。もう少し実用的なトルクが欲しいです。1500キロなのですが、微妙に排気音が勇ましくなってきたような気がするのが、ちょっと心配。安くてもいいから、リプレイスマフラーにした方が、後で困らないかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ドゥカティ SS

 90年代に、興味ないよ、ということを言いながらもチラチラと横目で見るくらいには気になってたドゥカティのSS、直系の子孫が復活という感じでしょうか。高めのハンドル、使いやすいエンジンキャラクター、一見するとやる気がない…という風に受け取られるでしょうが、それだって使いこなせる人は少なく…、スーパーバイク系のパワーでライディングの未熟さを誤魔化して(誤魔化したままで成長しなかったりもする)乗ってる人も多いわけですしね。

 ああ、久しぶりに試乗してみたいというドカ(とはいえ、直近ではまだ乗ってないスクランブラーもそう)の登場です。デスもは、ねぇ。べベルからベルトのドカを間近で見てきた人にとっては、突然の死亡、国産車一台分の費用という、恐ろしい悪夢を見たこと(は無くても、聞いたことくらいは)があるでしょう。うう、赤いとこギリギリまで常に回す自分は、丈夫なグッツィのエンジンだけにしときます~!と思うのは仕方のない事でした。

 まあ、最近はそういうのも聞くことも無くなりましたし、よほどのことがなければ、なんでしょうけど、染み付いた恐怖感というのは、なかなか拭えないものでして…。という全く関係ない話ですが、バイクに戻ると、ちょっとカウルの形状と塗装が微妙というか、悪いところが協調されてる感が結構してしまいます。ちょっとぼたっとした感じ、昔のツーリングモデルは不人気でしたねぇ…。

 でも、ちょっと待ってください。これ、カウルの下半分を緑に塗ると、あら不思議、良さそうに見えるじゃないですか(脳内なので、実際にはわからんけど)。MHRスペシャルとか、カウル下半分をフレームと同色に塗ったポールスマート(イモラ)レプリカとか、どっちもかっこよさそうな気がするんですが…。ドカティさん、限定モデルでいいんで、導入してみませんかね(いや、もちろん、SRのローンのある自分は買えないんですけど…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

もう抜けちゃった?

 前回乗った時に、ハンドリングがあれ?という感じでしたが、タイヤじゃなくて、サスペンションの方が原因かも?オートショップオオツキに新しいR-nineTを眺めに行った時に、ちょっと遠回りしましたが、路面の荒れてるところを通ったら、なんだかリアがフワフワしてる感じで。減衰が抜けちゃった感があるのですけど、こんなでしたっけ?

 慣らし終わった時に、体重重いからリアのイニシャルプリロードを一段かけて…ちょっと固めに感じる様になったと思ってたのですが、どうも元より柔らかくなった印象が?しばらくちゃんと乗っていなかっただけに、体が忘れてるだけかなとも思いましたが、試しに体重をかけたり抜いたりしたら、ああ、結構フワンフワンしてる。

 サスを買う予算は、ジャケットパンツに化けてしまったので、これで一年…というか、ライパ行くとしたらその時も乗らなくてはいけないのですが、サーキットで伸び側が緩いと、曲がらなくてだいぶ乗りにくそうですね。仕方ないから、イニシャルプリロードをもっとかけて、そもそも縮まない様にして乗ってみようかな…。他にしようがないしね。

 ボンネビルもNCも、最初からオーリンズを使ってしまっていたので、贅沢になってるのかもしれないですね。オーリンズを見てみると6万以上するし、デイトナのサスを試してみようかな?と思っています。ま、それまではノーマルサスをどうやって乗ればいいか、いろいろ試して楽しみたいと思います(出来ることは少ないけれど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

夜中に何やってんの…

 ようやく装備が整ったということで、ジャケットとパンツ、脊椎パッドとチェストプロテクター、ブーツにヘルメットを組み合わせてみました。まあ、ヘルメットは必要ないんですけど、雰囲気、ふんいき大事です。夜中というか、朝の3時過ぎにゴソゴソとやってたら怒られましたけどね…。

 ジャケットが3XL、パンツが2XLということで、ちょっとというか、結構ジャケットは緩めな感じで、冬場はなんとかフリースも着られます。腕もかなり太いし、気になるお腹も余裕ありまくりで、あと5キロ以上太っても余裕ですね(笑)。でも、脊椎パッドは結構スペース食いですし、チェストプロテクターも見た感じかなり突っ張りそうな気はしましたしね。

 というわけで、値段がアウトレットで1万円安かったから緩い3XL…という理由はとりあえずなかったことにしておいて、試着です。脊椎パッド背負うと(スピーディーの単体型)、余裕あると感じていたパンツも結構いっぱいな感じ。これじゃ太れません。上着を着てチェストプロテクター…おお、結構ぱっつんぱっつんな感じじゃ…。

 危ないですね。前傾すればキツイなんてことは無いのですが、やはりスペース食いではありましたね。逆に腹部は余裕ありまくりで、上着の裾野ボタンを左右一つづつ詰める形に。ここを詰めるとカッコ悪いのですが、きちんと裾が閉まってないと捲られたりして危ないですしね。キツイところは無くて、動きやすく、ちょっと余裕もある。この位でちょうどいいかもしれません。いやぁ、試着しないで買うのはギャンブルでしたが、どうやら今回は大勝利だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

う~~ん?

 寒くてピンロックの付いてないミラーシールドのノーランはあきらめて、久しぶりにアライのクアンタムを出してきましたが、あれれ?なんだかすごくバイクが乗りやすいぞ??ずいぶんと久しぶりに乗ったから、多分メットは関係ない様な気もしますが、前回走ったのと同じルートなのに、すごく乗りやすかったのは、多少は関係あるのかな。

 違いと言えば横の、というか後方確認する時の視界位(つまり、こうして前向いて走ってる限りはあまり関係ない)の気がしますが、なんなんでしょうね。乗れなくてずっとイメージトレーニングだけしていたからか、タイヤのエアが少なくてそもそもペースが遅かったからか。なんだか後者が非常に関係ある気がします。

 一度被り比べたいと思っていましたが、NCと違ってメットをもう一個持っていくのは大変なので、多分実現しない。ま、したとしてもライディング自体にはあまり関係ない、で終わりそうな気がしますけどね。バイクのライディングは結構メンタルの部分もライディングに密接に関係しているので、こういう時は複雑な気がしてしまいますね。

 そしてクアンタムはどうかというと、後方確認が楽~。プロシェイドが便利。でも重くて、空気の流れのコントロールは負けてる感が。一長一短ですね。まあ、だからほかの使うのが楽しいし、OGKは意外とアライと変わらないイメージで使えていたので、こっちの方が新鮮ですね。次回はノーランのミラーも試したいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

チェストプロテクター

 購入したのはこちら。3割引きになってたので、ついつい出来心で。届いたのを見ると意外と薄い感じ(いや、前にも何回も見たことはありますけど)。軽くてはにかむ構造は割としっかりとした感じで、やはり安心感はありますね。カバーできる面積は、動きやすさとのトレードオフってのは、他の部位のプロテクターと一緒。

 ボタンは節度感はあるけれど、きつすぎたりもしないので、ボタンの根元を押さえる様にしながら外してやれば、ダメージの蓄積も少なそうです。脊椎パッドなどと違って、これは踏んずけたら終わりなので、汚い部屋では注意が必要です…というか、ジャケットにつけたままにしておくことにしました(片側だけで)。

 イメージだけでジャケットのサイズを選びましたが、緩いと思ってたのに、これを入れると結構パンパンなイメージになりますね。まあ、前傾姿勢をとるとそうでもないですけれど。普段使いにも…と思っていましたが、ちょっとしばらく使ってみないとわからんですね。背負うタイプの脊椎パッドもあるし、今回購入したのは上が3XL、下が2XLですが、サイズの選択が以前より難しいですね。

 逆に、なんとなくイメージだけで、着たことない、付けたことないジャケットとプロテクターのサイズがジャストサイズで選べた奇跡に感謝。と、言いたいところですが、実は一番安いのを選んだので、選択の余地はなかった、が現実なんですよね。結果オーライ、これでライパまでなら(MFJ公認でもワンピースでもないので)、サーキット走行会にも行けますよ(根回し中)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

2月も終わりそうですが…

 久しぶりに乗ったら、乗り方を忘れていたでござる…。というか、NC700Sの乗り方に戻っちゃいましたよ。自分の中ではNCの方が少数派の乗り味だったはずですが、やっぱり最近乗ってた感覚ってなかなか抜けないのでしょうかね。特に自分は不器用というか、乗りこまないと乗れない人なので…。

 タイヤのエアが甘かったのですが、面倒くさかったので…。いやいや、サーキットではエア1割落とすって言うじゃん!そう、それ。それ。というわけで、余計に乗りづらかったです。ボンネビルでも感じましたが、チューブタイヤはエアが適正以下はあまりよくないみたいですね。ヨレヨレした感じで、安定感がなくて。注意しないとね。

 とはいえ、バイクがフラフラするのをライダー側でいかに安定させていくか?というのも今回のテーマの一つですし、ゆっくりと楽しめるのではないかと思います。逆にサーキットへ行くと速度と遠心力であんまり気にならないのかな?フレームが負けてる感が強くなるのかな?そう考えると、やっぱりサーキットも走ってみたくなりますよね。知らないことを知りたい、もっと上手く乗れるには?とか、考えるのは楽しいです。

 しかし、町中を少し走っただけなのに、この乗りにくさは困ったなぁ。他にも原因があるのか、次走った時はほかの部分も注意してみましょう。エンジンは最初はノイジーで心配しましたが、しばらく走ったら気にならない程度に。熱くなるイメージが強いですが、寒いと温まるまでには時間がかかるのでしょうね。まだオイルも新しいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »