« 戦略的撤退 | トップページ | ジャケットは、こういう風にしたいなぁ »

2017年3月23日 (木)

さて、とりあえず山を真剣に走った感じは、

 さて連休前の話ですが、とりあえず真剣に走った結果、フロントサスは問題無し、タイヤも問題無し、リアサスが抜けてるのは大問題で、フレームは困ることは無かったと。ブレーキもフルブレーキ自体ほとんど使わないので、強化は全く必要ない気がします(やるならコントロール性アップのリアディスク化一択)。もちろん、サーキット、特にもてぎはストップアンドゴーなので、そういう時にはもうちょっと欲しくなるかもしれませんけど。

 エンジンは温まってしまえば、特に問題も異音も無くスムーズに上まで吹け上がってくれますし、マフラーの音が大きくなった分、ちょっとだけパワフルになった気がします。シフトもゾイルのおかげでスコッとスムーズに入りますし、いざという時にはクラッチ無くてもショック無く(全開とかでない場合ね)入るようになりました。

 回し続けるので、ちょっとあちこちから油染みができる程度の漏れが出てきましたが、グッツィ…は問題外的に漏れるからあれですが、ボンネビルほども漏れないので、まあ、気のせい程度という認識ですかね、自分的には。フレームは、特に問題を感じることが無いのは、感覚の鈍さのせいかもしれないですが、よれとかわからないです。タイヤもスタンダードですしね。

 ようやくシートの落ち着くところがわかってきた感じで、腰はお尻半分位の移動が一番良さそうな感じですかね。この辺はセッティング次第でしょうけど、細いタイヤだと、この辺で正解だとおもいまする。ステップがちょっと遠いのはNCと一緒ですが、あちらがつま先にならないと不安だったのに対して、こっちはギリギリ土踏まず、って感じですかね。

|

« 戦略的撤退 | トップページ | ジャケットは、こういう風にしたいなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、とりあえず山を真剣に走った感じは、:

« 戦略的撤退 | トップページ | ジャケットは、こういう風にしたいなぁ »