« 連休は… | トップページ | 残念ですが… »

2017年3月20日 (月)

山の中にて

 うーん、どうしてこんなことになってしまったんでしょね?ということで、山の中を走りながら、ちょっと考えてしまいましたよ。すれ違うライダーさん達、固い上体が背筋を伸ばすように起きた感じで、上半身を入れる様にして走ってる人がちょっと多すぎて。時間帯的にも慣れない人の多い時間だったのかもしれませんが、国産の凄いSSとか、まあ、曲がるでしょうけど…。

 なにより、フロントタイヤの負担がとても大きくなります。いくら今どきのスポーツタイヤがべったりグリップするとは言っても、ウエットパッチが残る(細く流れてるところもある)路面、荒れて穴が空いたり、砂利が出てしまっている路面状況で、タイヤのグリップ頼みで突っ込んでいけるというのは、逆にすごい勇気があるなぁ~と感心してしまいます。

 体を起こすことで前の方に乗ってるし、体が固いので荷重が抜けやすく、リアのトラクションも得られない。それで荒れた路面でアクセル開けたら、運が悪ければずるっと(で済めばいい方…ハイサイドが怖い)…。中には状態がターンインでグイッと内側を向くようにしてる人もいたりして…そんなにバイクから離れて、怖くないんですかね?

 自分はマシンの中心にいて、リアタイヤのグリップ感(ターンイン時の旋回の起点と脱出時のトラクションの中心)が感じられ、何かあった時にハンドル、というかマシンの中心にいないとコントロールできない…と不安になってしまうのですが。みんなフロントに乗りすぎだし、気を取られすぎですよ。それが逆に、フロントの限界を低くして、状況への対応を遅らせる、させないことになってるということを理解しましょうよ…。

|

« 連休は… | トップページ | 残念ですが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の中にて:

« 連休は… | トップページ | 残念ですが… »