« 用品店でヘルメットを。 | トップページ | 足回り関係 »

2017年4月30日 (日)

X-802R

 さて、水戸のライコランドが開店して、新しいカタログももらってきたリしましたが、鈴木ワークスのリンス選手がイマイチぱっとしない感じで…。そんなノーラン(X-Lite)、今は普段使いのメインで活躍しています。しばらく使った感想としては、ま、使いにくいってほどではないけれど、使いやすいってほどでもないかな。

 ええと、気に入ってるのはやはりデザインと、独特の空気の動かし方。そしてシンプルな形ですね。特にディフューザーみたいなのはできるだけ付いてない方が良い(壊しちゃうので…)っていう自分みたいな人にとっては、最近の空力付加物だらけのヘルメットは不安が多いです。気を遣うのが嫌なだけ、という話でもありますが。

 引き出し式のスポイラーも、必要ないときはしまえるので安心ですしね。内装は少し余裕が出てきた感じで、馴染んできたんでしょうね。まあ、頭入れるときに少しギューっと強めにかぶってたってのもあると思います。フィット感はOK、視界はちょっと狭く、ベンチレーションは良く効くし、ピンロックは曇らない。シールドの使い勝手も、思ったより悪くないし。

 一番はやはり視界の切り方。ひさしが張ってるのと、左右両脇の下側の視界が少ないのはアライから被り変えると気になります。まあ、両方一緒に使ってる自分も悪いんですけど。ひさしはあと5ミリから1センチ上げて、左右の両脇は1~1.5センチ位下げてくれると、使いやすいんですけどね。まあ、アライっぽいのが良いってことです。車線変更とかで、もうちょっと見えない…というのがストレス溜まる感じで。

 SHOEIの視界も昔はノーランと変わらない感じでしたが、今はだいぶアライに近い形になって、伏せた時や、ハンドルを握ったまま左右を振り返った時に使いやすくなっていますしね。海外のヘルメットかぶってる選手は片手外して振り返る人が多いですし、直線では斜め上のところで前見てる人もいたりしますが、やっぱりそれって不自然ですよね。まあでもトップレーサーも文句無いということは、自分が変わってるだけかも?

|

« 用品店でヘルメットを。 | トップページ | 足回り関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-802R:

« 用品店でヘルメットを。 | トップページ | 足回り関係 »