« ブレーキ話のついでに | トップページ | 意外と… »

2017年5月23日 (火)

あ、ブレーキリリースでしたね…

 話が脱線しまくりましたが、そのリリース。フロント3本がけの人は、だいたい中指、薬指、小指の順に力がかかっていると思うのですが、抜くのはどこ?ここでいきなり中指いっちゃうと、フロントが伸びちゃう位抜けちゃったりすることもあるでしょう。薬指?いや、体の構造からいって無いし。というわけで、小指側から抜いてくわけです。

 ブレーキレバー、たいていは小さい力でも効果が出る様に外側に行くほど遠くなる形です。でも、3本指と言っても、意外と中指、薬指だけでという人もいるんじゃないかな?遠くなってるぶん力を込めやすくはなってるけど、それでも小指側は遠く強く力が入りにくい。でも、この小指が強く握れないというのが、腕をフリーにするということにつながってたり、前のめりにかけるのが正解じゃないって教えてくれたりすることにつながってたりもするので。なので、レバーはギュッと握りこみやすいグリップに近すぎる位置にしてもいけない。

 そのレバーを適正な位置にした時に、遠くにあって力が入りづらい小指、でも、力いっぱいじゃないのを微妙に緩めるのって簡単じゃないですか?しかもぎゅっと握ってる状態より抜きやすいように(根元から遠い方が動く距離が大きいので、コントロールがしやすい)小指のかかるレバーの位置が遠くにある。微妙なコントロールがしやすい。

 実はかける方も一緒で、ギューっとかけてても、小指側の方の力加減でコントロール…ってのはまた別の話。とはいえ、“小指を”というよりは、小指側の方のレバーの圧力をちょっと解放してやる、という意識が大事です。距離を動くレバーの外側が、中指の外側で大きく弧を描くイメージで(動く距離はちょっとなので、あくまでイメージですが…)。小指一本動かそうとするのは、無駄に脳のリソースを割かれますし。

 まあ二本指なら中指を、ということですね。一本指は一本しかないですが、抜く感覚がわかれば、コントロールはそんなに難しくないです。でも、とっさの対応が難しい(急ブレーキで効きすぎたり)、効かないブレーキだといざという時制動力が足りないなど、危険が付いて回るので、サーキット以外はお薦めしないですね。サーキットでももちろん、超強力なブレーキ、コントロールに自信があるっていっても、やはりいざという時の対応力では他に負けますしね。

|

« ブレーキ話のついでに | トップページ | 意外と… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ、ブレーキリリースでしたね…:

« ブレーキ話のついでに | トップページ | 意外と… »