« 意外と… | トップページ | アライも更新したいねぇ »

2017年5月27日 (土)

リスクは、なるべく、避けたい

 例えばゴムのボール。ぎゅっと握ると、意外と力が入らないうえに、反発が強くて安定して握れない。リバウンドしたりする。押し縮める様に反発力を抑え込む様に握ると、力が入るし安定している。全く違うものではありますが、イメージとしては非常に近い。こういうものを思考の参考にしていくと、経験の無いものでも方向性が見えてくるわけです。現象をなぞってもダメです。どう理解するか?を大事にしないと。

 ライディングは頭が良い人には敵わないという人もいますが、今のロッシ君なんかを見ても、ライディングをきちんと組み上げて積んでいくってのは大切なんだなぁ…ってわかりますね。勢いだけの若いのは次から次へと去っていきました。頭の良さ、というよりは、現象の理解を深める、常に思考するということの様な気もします(頭悪い人感)。

 フロントブレーキしか使わない、おなかをイン側に向ける、コーナー入ったら頭をグイッとインに向ける、加速はリアブレーキで微調整する、こういうのは正直な感想としては、転ばせようとでもしてるわけですかね?と。リスクを減らすという点においては、どれもアウトっぽい感じですし。レベルもバイクも違う人の鵜呑みにしてはいけない、ということがライディングには多いのです。ここが「役に立たないライディング講座」という名前なのだって、自分がどう考えてどうやってみたかの、僕自身にしか役に立たないライテクですし。

 でも、競争の世界でリスクを担保にしてでも人よりコンマなん秒速く…という人以外は、やはり根底にはリスクの軽減がなくてはいけません。家族、友達、周囲の人達もいるんですから、無事家に帰る、というのは何より大事です。ちょっと気が乗らない、今日は流しとこうかな…と感じた時は、第六感が働いている証拠です。良いんです、そういう時はユックリ流して走るだけの余裕を見せる時間なんです。そういう時のための練習法も書いてきましたでしょ。まあ、ボッチの自分は誰にも気を遣わずユックリ流しますけどね…。

|

« 意外と… | トップページ | アライも更新したいねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクは、なるべく、避けたい:

« 意外と… | トップページ | アライも更新したいねぇ »