« 山の方へ行ってみました | トップページ | MJDSK (G310) »

2017年5月19日 (金)

試したけど、ガッテンじゃない

 最近、おへそをインに向けるとか、お腹をコーナーのインに向けるとか、あちこちでチラホラと見かけるようになったので、試しにちょっとやってみました。それなりの立場にいる人が言ってたりするので、「べ、別に、批判しようなんて思ってないんだからね ‼ 」ということで、まあ自分向きかどうか一応試してみるという事ですので、気に障った方がいたらごめんなさい。

 というわけで早速実践。ああ、これはターンインでハンドルが自然に切れない人が楽するための操作なのね、と。というか、最近乗ったのだと、CB1100とかCBR1000Rとか、自然とこういう風になると思うんですが…。それを妨げる様な乗り方をしている人向けのズル、という感じなのでしょうかね?なぜズルか?っていうと、危険を内包してるからですね。

 まあ、本人が良ければいいんですが、それを薦める方、特に何らかの立場にある人には責任があると思いますよ。ターンインでマシンのリーンが遅れてハンドルが切れてバンクする、って普通に乗っててもできますし…っていうか普通の乗り方ですし。それを阻害してる原因は、強すぎるブレーキを引きずってたり、ハンドルを押さえる乗り方だったり、ブレーキをリリースしちゃってターンインが正確に始められない人だったり、そのまま放置すると危険なことが原因だったりする場合があるでしょう。それをあやふやのままにするライテクって、どうなのよ?と思うわけですよ。

 なにより今時の正確なハンドリングのバイクと、強大なグリップを持つタイヤにおんぶに抱っこな乗り方、ということを忘れてはいけません。おへそがステアリングシャフトに向いてるってだけでも、フロントが滑った時でも体を前に倒す方に追いかければいいのに、イン側向けるってことはタイヤが真横に逃げることになるわけです。そんなの、追いかけられないのが普通でしょうにねぇ。いつでもあると思うなよ、のグリップ、そのグリップ感が強く感じられるから、安心感がある、とでも言いたいんでしょうけど…いざという時危ないよねぇ。

|

« 山の方へ行ってみました | トップページ | MJDSK (G310) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試したけど、ガッテンじゃない:

« 山の方へ行ってみました | トップページ | MJDSK (G310) »