« べリックスーツ | トップページ | X-Fourteen Lawson »

2017年6月22日 (木)

BMW G310R ②

 速いねぇ~とは言っても、やはり310、限界はあります。でも、1万回転までストレスなく回り、6速でも45キロから使えるエンジンは、とてもよく出来てる感がありますね。気持ちよく使い切れる感も適度で。F800に最初に試乗した時はミッションが安っぽい…と感じましたが、そんな感じもありません。BMWのミッションらしく、やはり高速ではエンジン回り過ぎるんじゃないか?という気はしますが、まあ実用的です。

 とはいえ、逆にツーリングの様な使い方ではちょっとキャラクターの薄さがつまらなさにつながらないかが心配。振動もカットされて、素早い回転上昇から、ずーっと定速で走るのには人を選びそうな気はします。逆にエンジンブレーキの少なさは、ギクシャクしづらい感もあって、この辺トレードオフなだけに、設定は難しいですね。

 ミッションは上げる方がちょっと引っかかる感。下げるのはスムーズ。買った人は、タイミングを合わせるシフトアップを心がけるのが良いと思います。この辺乗り方でタッチは別物になりますし。スタートではちょっとエンストしそうな感がありますが、煽りながらとか、半クラ使ってってほどには感じなかったので、そうならない様に練習しましょう。クラッチが減りますしね。

 やはりというか、180センチの自分にはポジションが固定になってしまうのがキツイ。ステッププレート(ヒールガード)が出張っているので、非常にニーグリップがしづらいのも欠点かな。あとせめて5ミリ、引っ込んでくれると、ニーグリップのしやすさ倍増なんですけどね。ペダルが内側よりなのも、相乗効果で使いづらいです。ま、この辺はオフ乗り的な人には気にならないのかな?オフ乗らないのでわからんですね。

|

« べリックスーツ | トップページ | X-Fourteen Lawson »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW G310R ②:

« べリックスーツ | トップページ | X-Fourteen Lawson »